『ごんぎつね』のあらすじを簡単に短く【読み聞かせOKの要約版】

キツネ

名作童話:『ごんぎつね』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. ごんぎつねのあらすじ要約
  2. あらすじの意味と解釈、考察
  3. 参考文献

『ごんぎつね』のあらすじを簡単に短く【読み聞かせOKの要約版】

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:ある一匹の子ぎつねが見せた思いやり

キツネ

むかし人里ひとざとはなれたやまおくに、”ごんぎつね”というぎつねがいました。

ごんはいつもひとりぼっちです。

いつもはもりなかあなったところにんでいましたが、それ以外いがい時間じかんには、あたりのむらてきては、いたずらばかりする毎日まいにちでした。

ひるでもよるでも、いたずらばかりをして、いろんなひとこまらせていたといいます。

 

そんなあるあきのことです。

三日さんにちつづいたあめがようやくあがった、ごんはかわまでていきました。

そこでは、兵十ひょうじゅうという名前なまえひとが、こしまでみずにつかったじょうたいで、一生いっしょう懸命けんめいあみさかなをとっていました。

かごのなかには、そんな兵十ひょうじゅうがとったさかながたくさんはいっています。

 

そこでごんは、いつものように、いたずらをしてやろうとかんがえます。

兵十ひょうじゅうすこはなれたすきに、かごのなかはいっていたさかなを、ポンポンとかわててしまったのです。

かごのなかにはうなぎもはいっていました。

うなぎ

ごんはあたまをかごのなかにつっこみ、そのふというなぎのあたまくちにくわえます。

そのとき、「コラ!ドロボーぎつねめ!!」と兵十ひょうじゅう怒鳴どなごえこえてきました。

ごんはびっくりして、うなぎにくびかれたまましました。

 

それから十日とおかほどたったあるのことです。

むら兵十ひょうじゅう母親ははおや葬式そうしきがありました。

その様子ようすをたまたまていたごんは、どうやら自分じぶんのいたずらが、兵十ひょうじゅう母親ははおやなせてしまったのだとかんがえます。

 

んだのは兵十ひょうじゅう母親ははおやか…そうか、兵十ひょうじゅう病気びょうき寝込ねこんだ母親ははおやのために、かわでうなぎをとっていたんだ。それなのに自分じぶんがいたずらをしたから、母親ははおやはうなぎをべられず、んでしまったにちがいない…あんなこと、しなければかった…」

 

ある兵十ひょうじゅう物置ものおきうしろからていたごんは、「兵十ひょうじゅう自分じぶんおなじひとりぼっちか…」とおもいました。

ごんはつぐないに、入口いりぐちくりいてかえりました。

栗

つぎも、そのつぎも、またそのつぎも。

そののごんは、くりって、兵十ひょうじゅういえなかへこっそりはいりました。

 

そんなあるとき、そと物置ものおきにいた兵十ひょうじゅうがふとかおをあげると、一匹いっぴきのきつねがいえなかはいったことにづきます。

「あのごんぎつねめが…またいたずらをしにきたな…ようし…」

兵十ひょうじゅうがり、火縄銃ひなわじゅう火薬かやくをつめます。それからごんにづかれないようちかりました。

 

そして、いままさに戸口とぐちようとするごんを、『ドン!』と火縄銃ひなわじゅうでうちました。

 

『バタリ…』とごんがそのたおれます。

兵十ひょうじゅうちかづきいえなかてみると、そこにはくりいてあることにづきます。

兵十ひょうじゅうはびっくりしてごんをました。

 

「ごん、おまえだったのか…いつもくりをくれたのは…」

 

ごんはぐったりとをつぶったまま、うなずきました。

兵十ひょうじゅう火縄銃ひなわじゅうをそのでバタリととします。

火縄銃ひなわじゅうからは、あおけむりがまだ、筒口つつぐちからほそていました。

(おわり)

スポンサーリンク

作者:新美南吉

作者:新美にいみ南吉なんきち(1913~1943年)

現在の愛知県半田市に生まれた後、児童文学作家として活躍。教員などの仕事をしながら数々の作品を発表し続けました。

ごんぎつねはそんな作者が18歳のとき(1932年)に発表された作品です。

その他の代表作には『手袋を買いに』や『でんでんむしのかなしみ』、『おじいさんのランプ』など多数。

スポンサーリンク

『ごんぎつね』のあらすじの意味と解釈、考察

最後はごんぎつねのあらすじの意味と解釈、そして考察です。

物語への理解を深める参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

原文の結末でごんは「うれしくなりました」と話している

ごんぎつねの原文の結末では、ごんは兵十にうたれた後、「うれしくなりました」と話しています。

これはおそらく、ごんが抱いていた償いの気持ちが、最後に兵十に伝わったことに対して、嬉しくなったのだと考えられます。

スポンサーリンク

『ひとりぼっち』の境遇に共感

あらすじにあるように、普段のごんは、山奥にひとりぼっちで生活しています。

そのため、ごんには後に母親を亡くすこととなった兵十の辛い気持ちには共感できる面がありました。

作者の新美南吉さんは4歳のとき、母親を亡くした経験があります。

もしかしたらそのことも、ごんぎつねのあらすじに反映されている面があったのかもしれません。

スポンサーリンク

『ごんぎつね』のあらすじを簡単に短く【読み聞かせOKの要約版】まとめ

一匹のきつねが見せた、償いと思いやりの物語でした。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ