『でんでんむしのかなしみ』のあらすじ【全文カタカナの原作をどこよりもわかりやすく】

カタツムリと悲しみ

名作童話:『でんでんむしのかなしみ』のご紹介です。

あらすじを読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. でんでんむしのかなしみのあらすじ要約
  2. あらすじの解釈や考察
  3. 参考文献

『でんでんむしのかなしみ』のあらすじ【全文カタカナの原作をわかりやすく】

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:でんでんむしが気づかされたこと

カタツムリ

あるところに、一匹いっぴきの”でんでんむし”がいました。

ある、そのでんでんむしは、大変たいへんなことにがつきます。

 

いままでうっかりしていたけれど、わたし背中せなかにあるからなかには、かなしみがいっぱいまっているではないか…」

 

このかなしみは、一体いったいどうしたらいのでしょう。

そこで、でんでんむしは、友達ともだちのでんでんむしのところにきます。

曲がりくねった道

わたしなんしあわせなものなのでしょう…わたし背中せなかからなかには、かなしみがいっぱいまっているのです…」でんでんむしは、友達ともだちのでんでんむしにはなしました。

すると、その友達ともだちのでんでんむしはつぎのようにいます。

 

「あなただけではありません。わたし背中せなかかなしみでいっぱいです」

 

それをいたでんでんむしは、べつ友達ともだちのところへもきましたが、そこでもおなじことをわれました。

「あなたばかりではありません。わたし背中せなかかなしみがいっぱいです」

でんでんむしは、べつ友達ともだちたちにも次々つぎつぎきにきました。

ですが、どのでんでんむしも、おなじことをいます。

 

とうとう、でんでんむしはがつきました。

かなしみは、だれでもっているのだな…わたしは、わたし自身じしんかなしみをこらえていかなければならないんだな…」

いつしかでんでんむしは、なげくことをめました。

(おわり)

スポンサーリンク

作者:新美南吉

作者:新美にいみ南吉なんきち(1913~1943年)

現在の愛知県半田市に生まれた後、児童文学作家として活躍。

子供の頃から創作活動に意欲的で、半田中学校に在学中から童話や童謡、小説、詩、俳句、劇作などをしていました。

その後、半田小学校の代用教員をしながら、復刊した児童雑誌『赤い鳥』に投稿。童話4編、童謡23編が掲載されます。

上京して東京外国語学校を卒業してからは、安城高等女学校で教員などの仕事をしながら、数々の作品を発表し続けました。

作品:その他の代表作の一部

当サイトでご紹介させていただいたその他の代表作の一覧です。

>>ごんぎつね

>>手袋を買いに

>>二匹のかえる

>>花のき村と盗人たち

>>おじいさんのランプ

>>牛をつないだ椿の木

作風:善意溢れる詩情を讃えた作

庶民の子どもの生活や喜び、悲しみを、物語のなかにたくみにとけこませて、ユーモアのある独特な語りくちで、清潔で善意あふれる詩情をたたえた作である。
(『学習人物事典』332ページ より)

評価:1960年代に評価され始めた

生前にはあまりみとめられなかったが、1960年代にいたって評価されはじめ、『新美南吉全集』全8巻が出版された。
(『学習人物事典』332ページ より)

スポンサーリンク

『でんでんむしのかなしみ』のあらすじの解釈と考察

最後はでんでんむしのかなしみのあらすじの解釈や考察です。

物語への理解を深める参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

誰もが悲しみや苦しみを背負って生きている

この作品の中で語られていたことは、『誰もが悲しみや苦しみを背負って生きている』のであろうということです。

このことは言うまでもなく、人間なら少なからず誰もが抱いているであろう普遍的な心情になります。

作者はでんでんむしという一匹のキャッチーなキャラクターを通して、そんな重苦しくなりかねないことを、誰にでもわかりやすい形で伝えたかったのかもしれません。

スポンサーリンク

原作は全文がカタカナ

なお、でんでんむしのかなしみの原作は全文がカタカナです。

スポンサーリンク

『でんでんむしのかなしみ』のあらすじ全文のまとめ

誰しもが少なからず持つであろう普遍的な心情が描かれた物語でした。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ