『手袋を買いに』のあらすじを簡単に要約【ごんぎつねの作者が残した不朽の名作】

キツネたちの手

名作童話:『手袋を買いに』のあらすじです。

読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 『手袋を買いに』のあらすじ要約
  2. あらすじの考察と解釈
  3. 参考文献

『手袋を買いに』のあらすじを簡単に要約

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:きつねの親子が抱く人間への思い

キツネ

さむふゆが、きつねの親子おやこもりにもやってきました。

そこでかあさんぎつねは、よるになったらまちまでき、ぎつねに毛糸けいと手袋てぶくろってあげようとかんがえます。

 

まちのそばまでたとき、かあさんぎつねは、「片手かたてして」と、ぎつねのを、可愛かわい人間にんげんえてみせました。

そして帽子屋ぼうしやさがすようにいます。

たたくと、なかから人間にんげんすこけるからね。そのいた隙間すきまから、この人間にんげんせて、「このにちょうどいい手袋てぶくろをちょうだい」ってうんだよ」

 

さらにかあさんぎつねはつぎのようにいます。

人間にんげんはね、相手あいてがきつねだとわかると、手袋てぶくろってくれないんだよ。それどころか、つかまえておりなかれちゃうんだ。人間にんげん本当ほんとうおそろしいんだよ」といました。

絶対ぜったいにこっちのせちゃいけないよ。人間にんげんのほうをせるんだよ」と、かあさんぎつねはぎつねの人間にんげんほうへおかねにぎらせました。

 

ぎつねはまちまでき、目指めざしていた帽子屋ぼうしやつけます。かあさんぎつねにわれたとおり、たたきました。

でも、ぎつねは間違まちがってきつねのほうを、隙間すきまからせてしまいました。

「このにちょうどいい手袋てぶくろください」

帽子屋ぼうしやはきつねのて、「(きつねがイタズラでたんだな…)」とおもったので、「さきにおかねください」といました。

しかし、ぎつねが帽子屋ぼうしやわたしたおかね本物ほんものだったので、帽子屋ぼうしやどもよう手袋てぶくろぎつねのたせてあげました。

キツネ立ち

かあさんぎつねは、心配しんぱいしながらぎつねのかえりをっていました。

いまいまかとふるえながらっていました。

そのため、ぎつねがかえってると、きたいほどよろこびました。

 

かあちゃん、人間にんげんって、ちっともこわくないよ。間違まちがえて本当ほんとうほうせちゃったんだ。でも、帽子屋ぼうしやさんはつかまえようとはしてこなかったもの。ちゃんと、こんなにいいあたたかい手袋てぶくろをくれたんだよ」とかえみちぎつねはって、手袋てぶくろのはまった両手りょうてうれしそうにパンパンとやってみせました。

心配しんぱいしてっていたかあさんぎつねはあきれましたが、「人間にんげんって本当ほんとうはいいものなのかしら…本当ほんとうはいいものなのかしら…」と、つぶやきました。

(おわり)

スポンサーリンク

作者:新美南吉

作者:新美にいみ南吉なんきち(1913~1943年)

現在の愛知県半田市に生まれた後、児童文学作家として活躍。教員などの仕事をしながら数々の作品を発表し続けました。

代表作には『ごんぎつね』や『でんでんむしのかなしみ』、『おじいさんのランプ』など多数。

スポンサーリンク

『手袋を買いに』のあらすじの考察と解釈

最後は『手袋を買いに』のあらすじの考察と解釈です。

物語への理解を深める参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

きつねには”化ける(変身)”ことができるという言い伝えがある

きつねにまつわる伝承には、”化けること(変身)”があります。

作中では、母さんぎつねが子ぎつねの手を人間の手に変える場面がありますが、それはおそらくこの伝承が由来しているものと考えられます。

スポンサーリンク

当時は帽子屋で手袋が売られていることが多かった

また当時、手袋は帽子屋で売られていることが多くあったとされています。

スポンサーリンク

『手袋を買いに』のあらすじを簡単にのまとめ

きつねの親子の視点から、人間の優しさが垣間見える物語でした。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ