Amazonの本を聴くサービス

公文と塾の違い|どっちに通わせるべきかまで両方で働いた僕が徹底解説

勉強する子供

子供に習わせるなら公文と塾のどっちがいいんだろうか…?

大学生の頃ですが、僕は公文と個別指導の塾で講師としてそれぞれ2年間働いていました。

そのため、公文と塾の違いはよく理解しているつもりです。

公文式学習教室公文のバイトはブラック?大学生に人気の公文で2年働いた経験談 塾講師と生徒塾のバイトはおすすめ|元塾講師の僕が教えたいバイト事情

公文と塾の元講師の立場から話しますと、実は公文と塾では指導方針が全く違います。

そこで今回は『あなたのお子さんは公文と塾のどちらに通わせるのがいいのか?』について元講師の立場からお話しさせて頂ければと思います。

 

自分のお子さんを公文と塾のどちらに習わせるか迷われている方の参考になれば幸いです。

HARU

では、一緒に見ていきましょう!

公文と塾の違いとどっちが良いか【小学生なら迷わず『公文』をオススメする理由】

中学受験を考えていない小学生であれば、迷わず公文をオススメします。

公文式の特徴はプリントを使った繰り返し学習です。

『頭で覚えるよりも体で覚える学習』といってもいいかもしれません。

よし解けた!次の問題だ!!

ナマケモノ君

 

公文式で使うプリントは公文が独自に作ったプリントになりますが、難易度はさほど高くないです。

そのため、公文式に通ったからといって学力が急激に伸びることは難しいかもしれません。

基礎を固めるには最適です。

 

そのため、公文式は勉強の基礎を固めつつ勉強への自信をつけることができる場所です。

中学受験を考えていない小学生であれば、公文に通って勉強の基礎固めをしておくのが個人的にはオススメだと思いますね。

スポンサーリンク

公文と塾の違いとどっちが良いか【中学生以上は『塾』がオススメ】

塾の特徴は講師が問題の解説から解き方のコツなどをイチから解説してくれることです。

講師のノウハウを惜しみなく教えてくれるのが塾の良さといってもいいです。

パン蔵

こんな解き方もあるんだ!

 

塾の一番の目的は生徒の成績を上げることです。

特に僕が働いていた塾では模擬テストといって、学校の期末テストなどを予想した問題プリントを生徒に解いてもらうことは恒例になっていました。

 

塾では公文式のような繰り返し学習はしません。

そのため、基礎がまったくできていない生徒は塾の授業に付いていけなくなる可能性もなくはないです。

 

そのため、高校や大学の受験を控えている中学生以上はテストの成績を上げることを目的とした塾をオススメします。

小学生においても、中学受験を考えている場合は塾にすることがオススメです。

スポンサーリンク

公文と塾の違い|どっちが良いかをメリット・デメリットから考察

パン蔵

そもそも公文と塾って何がどう違うの?

公文と塾の両方で働いた経験のある僕が、両方の違いを簡単にお話しさせて頂きます。

自分の子供を公文に入れようか塾に入れようか迷われている方は今一度参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

公文式のメリット・デメリット

公文式に通うメリットは繰り返し学習によって基礎が固まることです。

 

特に定期的に学力を調べるテストを実施するため、生徒の学力に合った学習ができます。

勉強が苦手な方も安心して通えるのが公文の大きな特徴です。

 

逆に公文式のデメリットは講師が付きっきりで教えてくれるわけではないこと。

 

これは公文式の理念でもありますが、公文では『生徒の自主性を伸ばすこと』を一番に考えます。

自主性を伸ばすというのは聞こえはいいですが、放任主義でもあります。

そのため、人に言われないと何もやれない方にはあまりオススメできない場所です。

スポンサーリンク

塾のメリット・デメリット

塾に通うメリットは問題の解説から解き方までをイチから教えてもらえることです。

 

学校の授業では教えてくれないような勉強法や解き方を聞くことができるのは塾の魅力です。

今よりも成績を上げたい方には塾はオススメです。

 

塾のデメリットとしては、講師によって当たり外れが大きいことです。

 

特に個別指導塾のような家庭教師スタイルで指導する塾は生徒と講師の相性が関係してきます。

もちろん、合わなければ講師を変えてもらうことも可能ですが、講師を変えると教え方が大きく変わるので混乱する子供も少なくないです。

 

塾に通うときは実際に通われている方から前もって評判などを聞くことが大切です。

パン蔵

あそこの塾の先生とっても親切みたいだよ♪
それはイイネ!

ナマケモノ君

スポンサーリンク

公文と塾の違いとどっちが良いかのまとめ

いかがだったでしょう。

今回は公文と塾の元講師の立場からお話しさせて頂きました。

 

正直、公文と塾にはそれぞれの良さがあるのでどちらが良いというのはいえませんが、学力を伸ばすことを目的にするのであれば塾がいいのではないかと思います。

 

しかし、一番大切なのは子供の性格や年齢から最も合っているであろう選択をすることです。

そんな習い事選びについて、このブログで書いたことを少しでも参考にして頂ければと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

教育に関係する記事

合わせて読みたい

勉強中の子ども『公文は効果なし』というのは間違い!公文と塾の両方で働いた僕が解説 笑う少年たち【公文のメリット・デメリット】公文で働いていた僕が徹底解説してみた 本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介 賢い少女【賢い子供の特徴】教育の仕事をした僕が見つけた2つの共通点 子供の教育子供のやる気を引き出す【心理学的に正しい『褒め方』と『叱り方』】