Amazonの本を聴くサービス

【社会心理学の本のおすすめ】大学で勉強していた僕が4冊を徹底厳選

パーソナルデータ

パンぞう

社会心理学のおすすめ本を教えて!
大学で社会心理学を勉強していた僕が話すね!

HARU

続きを見るとわかること
  1. 社会心理学のおすすめ本4冊

社会心理学の本のおすすめ【入門編ベスト2】

まずは入門本のご紹介。

イチから社会心理学を勉強するにはピッタリですよ。

スポンサーリンク

<1>史上最強図解よくわかる社会心理学

おすすめポイント
  1. 図解やイラストが多い
  2. イチから社会心理学を理解できる

こちらは図解やイラストから社会心理学が理解できる一冊。

入門本としては最もおすすめできます。

 

わかりやすさを重視して専門用語が少ないのも好感が持てます。

日常でどう役立てられるのかまで書かれているので内容も理解しやすいです。

 

巻末には文献も引用されています。

入門本といえども深い内容も学べる本です。

スポンサーリンク

<2>徹底図解 社会心理学

おすすめポイント
  1. 全ページカラー
  2. 有名な心理学実験を理解できる

この本は全ページカラーなので飽きることなくスラスラ読めます。

内容は社会心理学の実験をわかりやすく学べる一冊です。

 

心理学の理論は実験によってのみ証明されます。

なのでこれから本格的に社会心理学を学びたい方には是非読んで頂きたい本といえますね。

スポンサーリンク

社会心理学の本のおすすめ【応用編ベスト2】

次は応用本のご紹介です。

社会心理学をより深く理解したい方は是非手に取ってみましょう。

スポンサーリンク

<1>社会心理学

おすすめポイント
  1. 社会心理学の教科書
  2. 大学の授業でも使われる一冊

こちらは社会心理学の教科書ともいえる一冊。

僕が大学生の頃に社会心理学の授業で使われていた本でもあります。

 

内容は文献も含めると500ページ近い大作です。

専門書なので軽い気持ちで読もうとすると挫折するかもしれません…。

 

しかし、社会心理学を学ぶうえでおさえておきたいことはこの一冊にすべてつまっていますよ。

スポンサーリンク

<2>PRE-SUASION

おすすめポイント
  1. 世界的心理学者が書いた一冊
  2. 影響力の武器の集大成

本書は『影響力の武器』でおなじみの世界的な心理学者ロバート・チャルディーニが書いた一冊。

共著を除いては著者が33年に出版した本なので話題になりました。

本のくわしい内容を見てみる

心理学の世界【書評】『PRE-SUASION(プリ・スエージョン)』究極の心理学本の要約

タイトルにある『PRE-SUASION(プリ・スエージョン)』というのは造語ですが…。

日本語に訳すと『下準備』を意味します。

 

本には、他者に影響力を与えたいときにちょっとした下準備を加えることの有用性が書かれています。

 

学問的な話はないです。

しかし、社会心理学の活かし方が学べるこれ以上ない本です。

スポンサーリンク

社会心理学の本のおすすめまとめ

いかがだったでしょう。

社会心理学は社会生活のすべてに通ずる学問です。

心理学を日常に役立てたいのならおすすめですよ。

 

是非社会心理学の奥深さに足を踏み入れてみて下さい(`・ω・´)ゞ

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

オススメ

本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介 パズルアート【心理学の完全ガイド】当サイトでご紹介した内容まとめ