Amazonの本を聴くサービス

【ハマり症】ハマりやすい人の特徴5つ|大学で心理学を学んだ僕が解説

依存症に苦しむ人

パン蔵

依存症になりやすい人の特徴ってどんなものがあるだろう…?
「熱中しやすい」とかかなぁ…

ナマケモノ君

ネットやゲームやギャンブルなどで依存症になりやすい方には特徴があります。

依存症になりやすい人の特徴がわかれば、その特徴から遠ざけることが依存症の解決に繋がります。

HARU

僕と一緒に学びましょう!

ハマり症、ハマりやすい人の特徴は5つある

HARU

依存症になりやすい方の特徴を5つに分類しました!

一つでも当てはまるものがある方は要注意です。

①熱中しやすい

物事にハマりやすい」というのは依存症になりやすい特徴の一つです。

熱中しやすいことは悪いことではありませんが、問題は「何に熱中するか」になります。

特にネットやゲームやギャンブル、タバコなどにハマるのが良くないのはいうまでもないですよね。

また、熱中しやすい方は周りが見えなくなりがちです。

もし良くないことにハマっている場合は、色んなことに興味を持てるように周りの友人や家族と行動を共にすることが依存症の早期解決につながります。

②ストレス解消がうまくない

ストレス解消がうまくない」方は依存症になりやすい特徴があります。

心理学ではストレス解消がうまくない方は破滅的な行動をとることが多い、ということがわかっています。

パン蔵

破滅的な行動って何?

HARU

やると良くないってわかっている行動のことだよ!

暴飲暴食

深夜にネットやゲーム

ストレスがあった日ほど「やると良くないこと」に手を出してしまいがちになるということです。

一日だけならいいですが、ストレス解消がうまくない方はこうした「やると良くないこと」を無意識にやるようになってしまいます。

科学的に効果があるストレス解消法は、読書や散歩などのリラックス効果のあることです。

ストレス【永久保存版】ストレス解消方法|科学的に効果的なストレス発散法

ネットやゲームや食事などは長期的にはストレス解消にはならないことがわかっているので、正しいストレス解消法を知っておくことが大切なんですね。

③一人を好む

一人を好む」方は依存症になりやすい特徴があります。

ネットやゲームやアルコールなど依存症になりやすいといわれているものは一人でやれるものばかりです。偶然でしょうか?

僕の個人的な意見ですが「一人で何かをやっていると止められなくなりがち」です。

ですから、もし依存症になっていることが「一人でやっていること」であれば、人から見られているという環境を作ってみることをオススメします。

一番良いのは自分を叱ってくれる方が傍にいてくれることですが、無理なら自分の目の前に「鏡」を置くだけでも効果的です。

目の前に「鏡」を置くだけでいいの?

ナマケモノ君

人は誰かに見られているというだけで行動を正そうとする心理が働くので、人から見られている環境に自ら身を置くことは依存症の解決に効果的なんです。

パン蔵

たしかに、自分の顔を見るとハッとするかも…

④自己管理が苦手

自己管理が苦手」な方は依存症になりやすい特徴があります。

依存症を解決するときに最終的に戦わないといけないのは自分ですから、すぐに誘惑に負けてしまったり、人よりもだらしがない傾向がある方は要注意です。

人よりもだらしがないとお悩みの方は部屋の掃除をすることをオススメします。

人は目から入る情報に大きな影響を受けますから、散らかっている部屋を見るだけでゆううつな気持ちになり、良くない行動をとりやすいからです。

部屋の片づけをするなど気分が前向きになるように工夫し、自己管理しやすい環境を作ることが依存症のなりにくさにつながるということなんですね。

片付けられない人の心理|片付けられないをやる気に変える方法

⑤周りの意見に左右されやすい

周りの意見に左右されやすい」方は何かに依存しやすい特徴があります。

周りの影響を受けやすいのは悪いことばかりではありませんが、あまりにも自分の意見がなさすぎるのは考えものです。

良くないとわかっていても「周りがやっているから…」という理由だけで何かをやり始める方は「本当にやらないといけないことか?」を自問自答することが大切です。

僕も幼い頃は「周りがやっている」というだけの理由でゲームに熱中しましたが、本当にやりたかったことではありませんでした。

自分の意思を強く持つことが大切なんですね。

スポンサーリンク

【ハマり症】ハマりやすい人の特徴まとめ

僕は小学生の頃、ゲーム依存症でした。

休みの日は一日10時間はやっていたと思います。

ゲームをやることでゲーム友達は出来ましたが、視力は落ち、体重は増加するなど後悔したこともあります。

ただ幸いなことに当時の僕は周りの意見に左右されやすい特徴があったので、学校がサッカーブームになってからは自然とサッカーにハマっていきました。笑

今思うと「ゲームに費やしていたあの時間を別の何かに使っておけば良かったなぁ…」と後悔することも多いです。

このブログを読んでいるあなたは依存症に苦しんでおられる当事者か、もしくはその親かもしれません。

僕は心理カウンセラーではないので依存症を直接解決することはできませんが、このブログが少しでも皆さんが依存症から抜け出す「きっかけ」になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

依存症に関連するオススメ記事

合わせて読みたい

パズルアート【心理学の完全ガイド】心理学をイチから理解できる総まとめ 本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介 死神ゲームのやりすぎで死亡した4つの事例|他人事じゃない!依存の危険性 YouTube中毒|今すぐできるYouTube依存症を治す方法