『スタンフォード監獄実験』をわかりやすく【大学で心理学を勉強した自分がまとめてみた】

刑務所の暗い側面

世界的に有名な心理学実験『スタンフォード監獄実験』のまとめです。

実験のポイントが以下の順番にイチからわかる内容となっています。

スタンフォード監獄実験について
  1. 実験目的
  2. 実験内容
  3. 実験結果
  4. 問題点
  5. 参考文献

YouTubeバージョン

『スタンフォード監獄実験』は「誰が何を目的に行われたのか?」

まずは実験の前提内容です。

心理学者:フィリップ・ジンバルドーが実施

実験はアメリカの心理学者:フィリップ・ジンバルドーによって行われました。

『役割やルール、状況などの”力”に注目すること』を目的としていた

ジンバルドーは、スタンフォード監獄実験を実施した目的を、次のように話しています。

Zimbardo’s primary reason for conducting the experiment was to focus on the power of roles, rules, symbols, group identity and situational validation of behavior that generally would repulse ordinary individuals.

『Stanford News』The Stanford Prison Experiment: Still powerful after all these years

つまりわかりやすく言えば、『普通なら拒絶する役割やルール、状況などの”力”に注目すること』こそが、ジンバルドーが実験をした理由でした。

『スタンフォード監獄実験』の実験内容

実験内容です。

1971年:スタンフォード大学の地下に造られた『模擬刑務所』が舞台

実験の舞台はスタンフォード大学の地下に造られた『模擬刑務所』でした。

模擬刑務所はリアルさが追求され、『独房は人が3人入れるサイズ』、『灯りは仄暗く』といった工夫がなされました。

実験対象の大学生を2つの役割に分ける

実験の対象は、一般的な大学生です。

広告を使って集めた男子大学生から、健康で犯罪歴のない20数名が選ばれました。

※大学生たちには全員に同じ報酬が支払われた

その後、大学生たちはランダムかつ半数ごとに2つの役割に分けられました。

<1>囚人役

まず片方は『囚人役』です。模擬刑務所に閉じ込められる役割になります。

囚人

模擬刑務所と同様、ここでもリアルさが追求され、囚人役には以下のような見た目や状況の工夫がなされました。

囚人役に強制されたこと
  1. 囚人らしい衣服の着用
  2. 足には南京錠付きの鎖を着用
  3. 名前ではなく番号で呼ばれること

また囚人役に割り当てられた大学生たちは、自宅などで”突然”逮捕され、模擬刑務所に連れていかれるといった演出もなされました。

<2>看守役

もう片方は『看守役』です。さきの囚人役を監視する役割となります。

ヤクザ

こちらも以下のようなリアルさが追求されました。

看守役に強制されたこと
  1. 看守に見える制服の着用
  2. サングラスの着用
  3. 警棒の携帯

さらに看守役には実験上の注意点として、『囚人役に危害を加えないこと』や『法と秩序を守ること』、『囚人役に飲食物を与えないこと』などを遵守するよう言い渡されました。

14日間それぞれの役割を”演じて”もらう…予定だった

実験期間は当初14日を予定していました。

実験はスタンフォードの模擬刑務所で囚人役、看守役らにそれぞれの役割を”演じて”もらう形でスタートします。

なお、その間、ジンバルドーら研究者は、実験の様子を逐一観察できる体制をとっていました。

『スタンフォード監獄実験』の実験結果

実験結果は早い段階で動き始めます。ポイントを順を追ってご紹介させていただきます。

囚人役が反発

まず看守役の行き過ぎた監視と状況に囚人が反発。

看守役の行動がエスカレート

看守役の行動は徐々にエスカレートしていきました。

反発的な態度を見せた囚人役に腕立て伏せなどの”罰”を与えるようになり、高圧的な態度を強めるようになります。

囚人役のメンタルが壊れ始める

その影響か囚人役のメンタルには不調が生じ始めます。

囚人役は無気力さや不安に似た症状を見せるようになりました。

突然泣き出してしまう人や、疑心暗鬼を強める人もいたようです。

看守役の行動はさらにエスカレート

しかしながら、そんな状況でもあろうことか看守役の行動や言動はさらにエスカレート。

囚人役に暴言を吐くようになり、理不尽な命令を次々と行うようになりました。

より支配的ともいえる振る舞いを強め、ついには実験前に禁止されていたはずの”暴力行為”に及ぶ事態にまで発展しました。

ーーーーー

この段階で研究者たちの間では、実験を疑問視する声が少なからず挙がっていたようです。

しかし、当のジンバルドーは実験を中止することはしませんでした。

ーーーーー

6日で実験は急遽中止

最終的に14日予定されていた実験は急遽6日で打ち切りとなります。

きっかけは実験を視察に訪れた心理学者:クリスティーナ・マスラックが、実験の様子を見て問題視したためで、マスラックがジンバルドーに進言する形で中止が決定しました。

余談ながらこの実験の翌年にマスラックはジンバルドーと結婚することとなりますが、彼女は後にこの時の実験の様子にはとてもショックを受けたと明かしています。

そして模擬刑務所は撤去され、実験は幕を閉じます。

『スタンフォード監獄実験』の2つの問題点

言うまでもなく実験には数多くの問題点が指摘されていますが、ここでは明らかな問題点を2つのみご紹介させていただくこととします。

【1】倫理

まずは『倫理的な問題』です。

これは説明するまでもありませんが、実験は”明らかにやりすぎ”でした。

ジンバルドーに研究者としての理念や信念があったにせよ、実験が常軌を逸していたのは誰の目にも明らかで、倫理的にやるべきだったとはいえません。

When asked about the ethics of such research for a 1976 magazine profile, Zimbardo said that “the ethical point is legitimate insofar as who are you, as an experimenter, to give a person that kind of information about oneself. But my feeling is that that’s the most valuable kind of information that you can have and that certainly a society needs it.”

Stanford News』The Stanford Prison Experiment: Still powerful after all these years)

【2】信憑性

実験結果の信憑性を疑問視する声』もあります。

たとえば、実験では研究者が看守役に“行き過ぎた”要求をしていた可能性や、一部では実験協力者が嘘の演技をしていたなどの“ヤラセ”の問題があったことが指摘されています。

実験は十分に統制されていたとはいえませんでした。

 

ーーーーー

現在では倫理性の問題から実験を再現することは難しくなっています。

そのため、倫理性と信憑性の問題は、いわば『あちらを立てればこちらが立たず』なジレンマの関係にもあるともいえるのかもしれません。

ーーーーー

『スタンフォード監獄実験』の、その後の影響

最後は実験後の影響です。

本などの数多くの出版物への掲載

実験の概要はこれまでに数多くの本や漫画などへ掲載が行われました。

心理学はもちろんのこと、倫理学や犯罪学など幅広い分野に取り扱われていることも特徴的です。このことは論文の引用においても同様のことがいえます。

映画化

2015年には実験を題材にした映画が上映されました。

再現度が高い内容となっています。

批判の矛先への指摘と根本的原因

最後はジンバルドー自身による考察です。個人的に興味深い内容でしたので、参考として載せさせていただくこととしました。

(前略)人(や社会、マスコミ、集団)には、残虐な行為をしでかした者を(まわりに悪影響を与える)「腐ったリンゴ」だとして非難する一方で、何の悪意ももたなかった人がシステム(与えられた肩書など)によっては「腐ったリンゴ」のような言動をするようになってしまう現象を無視する傾向がある、としています。

(『AIの心理学』132ページより)

続いては本書の著者による言葉となります。

上記「スタンフォード監獄実験」で強い権力を与えられ変貌していった看守役とアルゴリズムには類似点があります。

どちらも問題の元凶だと見なされやすく、おかげでシステムのより深いところにある根本的原因を見逃す危険性がある、という点です。

(『AIの心理学』132ページより)

『スタンフォード監獄実験』をわかりやすくのまとめ

『スタンフォード監獄実験』は心理学の有名な実験の1つです。

しかし、実験は倫理的に問題があり、統制された実験とも言えません。

そのため、心理学の側面から学べることは少ないかもしれませんが、少なくとも倫理を考える教材にはなりそうです。

それでは。

参考文献

ページを作るにあたって大いに参考にさせていただきました。

ありがとうございました。

>>『The Lucifer Effect: Understanding How Good People Turn Evil』

>>Stanford Prison Experiment

>>Am Psychol. 2019;74(7)823-839.

・Haney, C., Banks, W. C., & Zimbardo, P. G.(1973)Study of prisoners and guards in a simulated prison. Naval Research Reviews. 9, 1-17. Office of Naval Research.

関連ページ

YouTubeバージョン

電気椅子『ミルグラム実験(アイヒマン実験)』とは?【ゼロからわかる心理学実験】 AIの心理学『AIの心理学』が今年イチ面白かった件【『アルゴリズミック・バイアス』の実用書】 アッシュの同調実験『アッシュの同調実験』人は、集団に屈する【心理学実験】 選択のジレンマゲーム理論『囚人のジレンマ』をわかりやすく【ゼロからわかる】