無料体験で本1冊もらってみる

【公文で伸びる子の特徴】公文で働いた僕が振り返る【4つだけ】

書く少女

保護者

公文で伸びる子ってどんな特徴があるのかしら…
公文と進学塾で講師として働いていた僕が話しますね!

HARU

結論からいうと公文で伸びる子の特徴は以下の4つです。

公文で伸びる子の特徴
  1. 集中力がある
  2. 真面目にコツコツ勉強できる
  3. 宿題をちゃんとやってくる
  4. 同じミスを繰り返さない

上記のどれかに当てはまる子供は間違いなく親が関与しなくても伸びます。

今回は公文と進学塾で働いていた僕の経験談をお話ししますね。

続きを見るとわかること
  1. 公文で伸びる子のくわしい特徴

公文で伸びる子の4つの特徴

冒頭でお伝えした通り公文で伸びる子の特徴は以下の4つ。

公文で伸びる子の特徴
  1. 集中力がある
  2. 真面目にコツコツ勉強できる
  3. 宿題をちゃんとやってくる
  4. 同じミスを繰り返さない

理由について順にお話ししていきます。

スポンサーリンク

<1>集中力がある

集中力がある子は例外なく伸びます。

当然ですがダラダラ勉強しても頭には残りませんからね。

そのため、集中力はとても大切です。

勉強に励む生徒

僕の経験では教室で勉強する教材プリントが少なくても集中力のある子は着実に伸びていきました。

 

とはいえ、集中力には個人差があります。

特に小学生の子供は脳が発達していません。

集中力が上がる脳の鍛え方を見てみる

脳【前頭葉を活性化】前頭葉を今すぐ鍛えられる5つの方法を解説【経験談】

なので集中力がないからといって悲観的になる必要はないです。

集中力は年齢を重ねることで誰でも上がっていきますからね。

スポンサーリンク

<2>真面目にコツコツ勉強できる

真面目にコツコツ勉強できる子も間違いなく伸びます。

公文では教材プリントをやればやるほど確実に基礎学力が定着しますので。

勉強中の子ども【『公文は効果なし』なのは間違い】進学塾と公文の元講師の僕の話

僕の経験上では真面目にコツコツできる子は大人しい性格が多かったです。

とはいえ、公文では大人しい性格の子の方が合っていたりします。

 

というのも、公文は一般的な塾のように講師が手取り足取り教える場所ではありません。

黙々と自主的に勉強できる子の方が合っているんですよ。

勉強に励む生徒

逆に一般的な塾だと先生との会話が大事になります。

『どこがどうわからないのか』を話せる子の方が講師としても指導しやすいので。

 

なので性格的に大人しい子供は塾よりも公文向きかもしれませんよ。

スポンサーリンク

<3>宿題をちゃんとやってくる

公文で伸びる子は宿題をちゃんとやってきます。

公文の宿題は復習と同じ意味合いがあるからです。

復習なくして知識の定着は望めませんよね。

勉強を頑張る子

逆に宿題をテキトーにやってくる生徒で伸びた子は見たことがないです。

なので宿題はきちんとやりきることが大切です。

叫ぶ子供【公文で伸びない子の特徴3つ】公文で働いた僕の話【通うだけ無駄】

もちろん宿題をやれば必ず伸びるわけではありません。

しかし、伸びる子の必要条件であることは間違いないです。

スポンサーリンク

<4>同じミスを繰り返さない

これは公文に限った話ではないですが…。

同じミスを繰り返さない子供は伸びるのが早かったです。

閃く男性

何度も同じミスを繰り返すということは間違えた理由を理解していない証拠ですからね。

 

しかし、同じミスを繰り返さない子供の方が少数派です。

はじめからミスした内容を100%理解できる子供は滅多にいません。

 

なのでもし自分の子供がいつも同じミスを繰り返していたとして気にする必要はないです。

人はミスを繰り返して成長していく面もありますので。

スポンサーリンク

公文で伸びる子のまとめ

公文で伸びる子の特徴
  1. 集中力がある
  2. 真面目にコツコツ勉強できる
  3. 宿題をちゃんとやってくる
  4. 同じミスを繰り返さない

いかがだったでしょう。

 

今回は公文で伸びる子の特徴についてお話ししましたが…。

ぶっちゃけ自分の子が伸びる子の特徴に当てはまらなかったとしても気にする必要はないです。

 

公文は誰しもが続けていれば確実に力は付きますので。

なので焦らずに一歩一歩子供の成長を見守っていくことが大切だと思いますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

叫ぶ子供【公文で伸びない子の特徴3つ】公文で働いた僕の話【通うだけ無駄】 孤独な少女【公文が合わない子供】公文と進学塾の両方で働いた僕が話す【断言】 子供の教育子供のやる気を引き出す【心理学的に正しい『褒め方』と『叱り方』】 笑う少年たち【公文のメリットとデメリット】公文で働いた僕が解説する【暴露】