『ピーターパン』あらすじを簡単かつ短く要約【童話】

ピーターパンのシルエット

名作童話:『ピーターパン』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. ピーターパンのあらすじ要約
  2. 「『ピーターパン症候群』とは?」
  3. 参考文献

『ピーターパン』あらすじを簡単かつ短く要約【童話】

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:永遠に大人にならないピーター・パンとの冒険

ピーターパン

ロンドンじゅうよん番地ばんちのダーリング

そこには、ウェンディというしょうじょと、そのおとうとのジョンとマイケルがらしていました。

りょうしん出掛でかけたあるよるのことです。

子供こども部屋べやまどから、突然とつぜんピーター・パンがいえなかはいってきました。

ちいさな妖精ようせい:ティンカー・ベルも一緒いっしょです。

 

ピーターは、「このまえいていった自分じぶんかげもどしにたのに、くっつかない」といています。

そんなピーターをて、ウェンディはかげをぬいつけてあげました。

そこでウェンディはピーターに年齢ねんれいきましたが、ピーターはつぎのようにこたえました。

 

らない。ぼくまれたしたんだ。大人おとなになんか、なりたくないからね」

ピーターはウェンディたちをれて夜空よぞらち、おとぎのくに:『ネバーランド』へとかいました。

 

ネバーランドでは、迷子まいごたちや海賊かいぞく、アメリカインディアン、けものたち、ワニ、迷子まいごたちのじゅんで、グルグルといかけまわっています。

海賊かいぞく悪党あくとう:フックせんちょう右腕みぎうでには、てつのかぎがついていました。

ピーターにうでられ、ワニにべられたからです。

それ以来いらい、フックせんちょうはワニにいかけられるようになっています。

しかし、ワニは時計とけいんでいたため、”チクタク”というおと合図あいずに、フックせんちょうはいつもすことができました。

 

フックせんちょうにとって、ピーターはとてもにく相手あいてです。

 

ピーターと迷子まいごおとこばかりの六人ろくにんらしているいえに、ウェンディたちはくわわります。

ウェンディはみんなにとってのおかあさんのような存在そんざいとなりました。

 

ところが、あるときウェンディたちは、フックせんちょうたちにつかまってしまいます。

そして、処刑しょけいされようとしたそのとき。

 

“チクタク”と時計とけいおとこえてきました。

フックせんちょうはワニがたとおもったので、そのからとっさにします。

ところが、じつは”チクタク”とこえた時計とけいおとしょうたいは、ピーターでした。

ピーターが、時計とけい真似まねしてしたおとだったのです。

時空間

ピーターたちは、海賊かいぞくたちを次々つぎつぎたおしていきます。

最後さいごはピーターとフックせんちょう一対一いったいいちです。

ついにピーターにめられたフックせんちょうは、うみみ、ワニのくちなかへとちていったのでした。

 

海賊かいぞくたちの海賊船かいぞくせんり、ウェンディとおとうとたち、迷子まいごたちは、じゅうよん番地ばんちいえへとかえりました。

子供こどもたちがもどると、おかあさんもおとうさんもいぬのナナもおおよろこびです。

迷子まいごたちを家族かぞくむかれたおかあさんは、ピーターのこともさそいます。

しかし、ピーターはつぎのようにこたえるのでした。

 

「とんでもない。大人おとなになんか、なりたくないね」

 

わりにピーターは、はるおお掃除そうじのときだけウェンディをむかえにることを約束やくそくしました。

しかし、ピーターはそのことを度々たびたびわすれてしまっていました。

そしてそのあいだに、ウェンディは大人おとなになっていきます。

 

つぎにネバーランドをおとずれるのは、ウェンディのむすめであるジェーンのばんです。

子供こどもたちが陽気ようき邪気じゃきでいるかぎり、ピーター・パンはいつまでもやってるのです。

(おわり)

スポンサーリンク

作者:ジェームズ・マシュー・バリー

作者:ジェームズ・マシュー・バリー(1860~1937年)

イギリスの作家として活躍。

空想とユーモア溢れる作品が特徴でした。

スポンサーリンク

ピーターパンの雑学

最後はピーターパンにまつわる雑学です。

スポンサーリンク

『ピーターパン症候群』の由来となった

『ピーターパン症候群』とは、『大人の年齢なのに、精神的には子供のまま』という意味を持つ言葉です。

言動や性格にどことなく子供っぽさが見られる大人など、広い意味で使われているようです。

名称の通り、この言葉の由来はここでご紹介した童話:『ピーターパン』にあります。

スポンサーリンク

『ピーターパン』あらすじを簡単かつ短く要約【童話】まとめ

ユーモアな世界観を背景に、子供心がくすぐられる物語でした。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ