無料体験で本1冊もらってみる

『一年が早い』と感じる理由は心理学の『ジャネーの法則』にある【危険】

佇む女性

パンぞう

もう一年が終わる…
年を取るたびに一年が早くなっている気がするよ…

ナマケモノ君

HARU

一年が早いと感じるのは『ジャネーの法則』が原因なんだ!

【ジャネーの法則とは…】

『人は年を取ると体感時間を短く感じるようになる』という法則のこと。

『ジャネーの法則』はフランスの心理学者ジャネーによって明らかにされた法則です。

とはいえ、放っておくと意外と危険だったりします。

 

そこで今回は下記の件について大学で心理学を勉強した僕がお話ししますね。

続きを見るとわかること
  1. 一年が早いと感じる『ジャネーの法則』について
  2. 【危険】一年が早いと感じたら脳が衰えているかもという話

一年が早いと感じる『ジャネーの法則』について

冒頭でお話しした通り『一年が早い』と感じる理由は心理学でいう『ジャネーの法則』が原因です。

【ジャネーの法則とは…】

『人は年を取ると体感時間を短く感じるようになる』という法則のこと。

フランスの心理学者ジャネーによって明らかにされた。

では実際に人はどのくらい時間を短く感じるようになるのか?

ヒドい場合だと『成人したときには人生の半分が終わってしまっていると感じるほどになります。

時空間

日本では平均寿命が男女ともに80歳を超えています。

なので成人したとしても残りの60年以上はすぐに過ぎてしまうことになりますよね。

恐ろしいです…。

 

とはいえ、ここで伝えたいことはそれだけではありません。

そもそも一年が過ぎるのが早いと感じている方は要注意なんです。

スポンサーリンク

一年が早いと感じたら要注意な理由

ナマケモノ君

気にしなければいっか~
いやいや、放っておくと危険なんだよ!

HARU

スポンサーリンク

将来ボケるかも【認知症の危険も】

結論からいうと一年が早いと感じている方は将来認知症などの脳機能障害になりやすいです。

一年が早いと感じている方の脳は衰えていることが考えられるからです。

病院での診察【認知症予防になる脳トレ】今すぐできる効果的な予防法をご紹介

例えばクリスマスや正月、自分の誕生日がくるたびに『あっという間だった…』と感じる方は要注意。

時間泥棒

時間間隔が鈍くなっていることが考えられます。

つまり脳が活動休止をしている時間が長いということ。

 

脳を休めることは悪いことではありません。

しかし、適度に脳トレをしなければ脳年齢が下がりボケやすくなってしまうんです。

効果的な脳トレの方法を見てみる

脳【前頭葉を活性化】前頭葉を今すぐ鍛えられる5つの方法を解説【経験談】

とはいえ、一年が過ぎるのが早いと感じている方も次のことを一つだけ注意していれば大丈夫です。

スポンサーリンク

『一年が早い…』を解決する方法

パンぞう

一年が過ぎるのが早いと損した気分になるよ…
解決する方法が1つだけあるよ!

HARU

スポンサーリンク

新しいことにチャレンジする

『新しいことへのチャレンジ』は脳の活性化につながります。

脳が活動休止することが少なくなるので認知症の予防だけでなく『一年が早い』と感じることもなくなるわけです。

 

人はいつもと同じ日常や習慣を送っているだけでは小脳が脳機能の役割を担います。

ボケ防止にもなる前頭葉という部分が活性化されなくなってしまうんです。

前頭葉を活性化する方法を見てみる

脳【前頭葉を活性化】前頭葉を今すぐ鍛えられる5つの方法を解説【経験談】

なので毎日同じことを繰り返してばかりだとボケるのは早くなります。

 

一方で日々挑戦している方はボケにくいです。

内面(=脳)が磨かれて若々しくなるんですね。

 

しかし、新しいことにチャレンジすることは人によってはストレスになりますよね…。

とはいえ、そういった場合は部屋の模様替えなど日常のちょっとしたことを変えるだけでもOKです。

 

部屋の模様替えは自分の頭の中で理想の部屋をイメージして実行していく作業。

手軽にできるだけでなく体も動かせて一石二鳥になるんです。

 

また、部屋を模様替えをすれば『普段あった場所にモノがない!』などの苦労が生じます。

どこにモノがあったのかを探す作業こそが脳の活性化にもつながるんですね。

スポンサーリンク

一年が早い理由と対策のまとめ

まとめ
  1. 一年が早いと感じるのは『ジャネーの法則』のせい
  2. 放っておくとボケるかも
  3. 新しいことへのチャレンジが大切

いかがだったでしょう。

一年が早いと感じる理由は『ジャネーの法則』という心理学的な法則が働いています。

放っておくと脳の衰えを進行させる危険性があるので要注意です。

 

ヒドい場合は認知症などの脳機能障害になる恐れもあります。

手遅れにならないように身の回りの生活や環境など色んなことを変えていきましょう。

 

脳の活性化が一日一日を有意義に過ごすことにつながりますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

【電車で端に座る心理】電車に座る位置でわかる深層心理を解説してみた 【心理テストに根拠はない】当たると思ってしまう仕組みを解説【断言】 チェックリスト【スマホ依存症チェックリスト】20の質問に答えるだけ【超簡単】 赤の心理【モテる色】大学で心理学を勉強した僕がモテ色を厳選紹介する【4色】 本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介