Amazonの本を聴くサービス

電車で端に座る心理|電車の座る位置でわかる深層心理!

電車で端に座る人は、自分のプライバシーを守りたいという心理が働いています。

これには「パーソナルスペース」といって、無意識に他者に対してつくっている距離感があるからです。(1

パン蔵

どうして電車の席は端から座る人が多いのかなぁ?
端の席が空くと、わざわざ端に座り直す人もいるよね…

ナマケモノ君

HARU

そうだね!端の席から座る人が多いのはパーソナルスペースが関係していて、「自分のプライバシーを邪魔されたくない!」という心理の証なんだ!

パーソナルスペースとは、自分の周りに張るバリアーのようなものです。

つまり、お互いのプライバシーを尊重し合える仲の良い関係であれば、パーソナルスペース(距離感)は自然と近くなります。

仲の良いカップル

その点で、電車内は親密度の低い他人がほとんどなので、パーソナルスペースを遠く設定して無意識に他者と距離を図ろうとするのは当然のことです。

そこで、電車の端の席であれば片方は誰も座ることができませんから、少なくとも片方のパーソナルスペースは守ることができるというわけです。

その点で、満員電車は密室で赤の他人と近付かなければいけませんから、パーソナルスペースが確保できずにストレスが溜まるのは当然ですよね。満員電車

電車の座る位置だけでわかる深層心理とは

電車内の心理

端に座ることに限らず、電車の座る位置によって、その人の深層心理や性格を知ることができます。

端に座る場合と、真ん中に座る場合の2パターンを考察していきます。

スポンサーリンク

端に座る心理

冒頭でも述べましたが、端に座るのは「自分のプライバシーを守りたい心理の表れ」です。

しかし、混雑している場合は特に、電車の端の席はそうそう座れるものではありませんよね?

そこで、電車内では自分のパーソナルスペースを無理やり作ろうとする、ある行為が見受けられます。

「座席に荷物を置く」という行為です。

座席に荷物を置く

電車内で空いている座席に荷物を置く行為もまた、自分のパーソナルスペースを守ろうとする心理が働いています。

パン蔵

座りたいのに荷物が邪魔で座れないよ…
迷惑なので皆さんは止めましょうね…

ナマケモノ君

スポンサーリンク

真ん中に座る心理

真ん中の席から座るのは「心が広いオープンな性格の持ち主」といえます。

電車内がガラガラなのにも関わらず、わざわざ真ん中から座る方も一定数いますよね。

真ん中に座る

これにはその人の性格や気質が影響しており、オープンな性格であればあるほど、端の席ではなく真ん中から座る傾向が強いようです。

また、諸説あるようですが、端の席に座りたがるのは内向的な日本人の国民性が影響しているという声もあります。

スポンサーリンク

電車で端に座る心理のまとめ

電車の座席

電車で端に座る方は、パーソナルスペースを確保してプライバシーを守りたいという心理の表れです。

一方で、電車内が空いているのにも関わらず真ん中から座る方は、細かいことを気にしない大らかな性格の持ち主といえます。


パーソナルスペースで自分の周りのテリトリー(領域)を守ろうとするのは、人間の潜在的な本能としては自然のことです。

狩猟時代に野生の動植物や自然災害といった外的な脅威から身を守る本能が、遺伝子レベルで現在の遺伝子に根強く残っているのかもしれませんね。

しかし、現代ではそうそう野生の動物から襲われる心配はないはずです。笑

ですから、端の席が空いた途端にわざわざ座り直したり、必要以上に端に寄りかかるのは少しみっともない気もしますので、気を付けたいところですね!

今回話したことは、あくまで心理的傾向の話しですので、すべてが当てはまるわけではないという点はご了承下さい。

心理学のオススメ記事

合わせて読みたい

パズルアート【心理学の完全ガイド】当サイトでご紹介した内容まとめ【厳選】 居眠り中居眠り中ビクッとなる方は要注意!今すぐわかる原因と対処法 佇む女性一年が早い!と感じる理由は心理学の法則にある 心理テストはなぜ当たる?心理テストや占いが当たる3つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA