『イワンの馬鹿』の考察「あらすじ内容から何が読み取れる?」

フブスグル湖北部

名作童話:『イワンの馬鹿』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 『イワンの馬鹿』のあらすじ
  2. あらすじの考察
  3. 参考文献

『イワンの馬鹿』のあらすじ内容

まずは考察の前提となるあらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:「バカ」と呼ばれた素直な青年イワン

野菜農家

むかし、あるくに裕福ゆうふくぬしんでいました。

そのぬしには三人さんにん息子むすこがいたといいます。

まずちょうなんのシモンは王様おうさまつかえる軍人ぐんじんです。たかぶんりょうっています。

なんのタラスはまちしょうにんとして、大金おおがねちになっていました。

 

そして三男さんなん馬鹿ばかしょうじきなイワンは、いえのこっていっしょう懸命けんめいはたけごとをしていました。

 

またイワンはあるときシモンとタラスに「いえ財産ざいさんけてほしい」とわれたので、「いいとも。どうぞどうぞ」とあたえたといいます。

そのため、イワンがいえにはとしったうまだけがのこりました。

 

この様子ようすていたのがおおあくです。

悪魔の影

おおあくは、イワンたち兄弟きょうだいがケンカをしないことに、はらってかたがありません。

そこでおおあく三匹さんびきあくし、兄弟きょうだいたちを仲違なかたがいさせるようめいじました。

 

さっそくあくらは、シモンとタラスにりつき、ごと二人ふたりをだまします。

ですが、イワンについたあくだけは、うまくいきません。

腹痛ふくつうこさせたり、はたけつちかためたりしてみても、イワンはなんでもあきらめずにはたけごとつづけるのです。

そればかりか、そのうちにあくはイワンにつかまってしまいました。

 

ところがイワンはどんないたみでもなおせるえに、そのあくがしてあげます。

さらにのこひきあくじゅんにイワンのもとへときましたが、それも失敗しっぱいわってしまいました。

そこでもイワンはそれぞれのあくから、わらが兵隊へいたいになる呪文じゅもんと、きんてくるかしえに、あくたちをがしてあげました。

 

一方いっぽう、イワンが兵隊へいたいきんせることをったあにたちは、それを使つかって王様おうさまになります。

イワンもびょうになったお姫様ひめさまあくもらった使つかってなおしたことから、そのお姫様ひめさま結婚けっこんし、しん王様おうさまになりました。

 

さん兄弟きょうだいはそれぞれがくにおさめます。

シモンは兵隊へいたい使つかって、タラスはきん使つかって。

しかし、イワンはというと、なんとつまとなったお姫様ひめさまといっしょに、はたけごとつづけていたのでした。

 

その一方いっぽうで、あくたちからの報告ほうこくっていたおおあくは、あくたちがイワンたち兄弟きょうだい仲違なかたがいに失敗しっぱいしたことにづきます。

そこでこんは、おおあくみずかわるさをすることを決心けっしんします。

「…わしのばんか」

おおあく人間にんげんけ、まずはシモンのへいりょくとタラスのきん価値かちをすぐにうばってちぶれさせます。

そしていよいよイワンのばんです。

 

おおあくはイワンのくにに、こく兵隊へいたい使つかってめさせます。

ところが、このくにひとたちはたたかうどころか、「しいものはあげましょう」、「いっしょにみましょう」などとうのです。

うまいはなしにも関心かんしんしるさなかったので、もちろんきんしがりませんでした。

イワンやイワンのくに人々ひとびとたちは、ただ、真面目まじめはたらくだけなのでした。

 

それにはこく兵隊へいたいもなんだかうんざりしてしまいます。

けっきょく兵隊へいたいたちはあきらめて、おおあくわるだくみも失敗しっぱいわりました。

 

イワンのくにには大勢おおぜい人々ひとびとあつまります。それでもイワンはいままでとわることはありません。そしてイワンはつぎのようにうのでした。

「いいとも、いっしょにらそう。わしらにゃなんでもどっさりある」

(おわり)

ーーーーー

よう説明せつめい

馬鹿ばか:ここでいう「バカ」とは、しょうじきすぎてかないことを意味いみする

ぬし所有しょゆうする土地とち農民のうみんなどにしてしゅうにゅうひとのこと

ーーーーー

スポンサーリンク

作者:レフ・トルストイ

レフ・トルストイ

作者:レフ・トルストイ(1828~1910年)

なやみ苦しみながら、人間の真の幸せを考えつづけたロシアの大文学者

(『学習人物事典』314ページ より)

ロシア出身の小説家。

平和を理想に掲げ、領地の農民の教育や生活改善などに取り組んだ後、結婚を機に執筆活動に専念しました。

1886年に発表された、本作:『イワンの馬鹿』は、ロシアの民話をもとにした作品です。

欲がなくてお人よしのイワンが、最後には王様になるという筋を通して、はたらくことのとうとさ、金銭の悪などをうったえた作品。

(『学習人物事典』315ページ より)

その他の代表作には『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』、『復活』など多数。

帝政ロシア(旧ソ連の前身)のトゥーラ市にほど近いヤースナヤ・ポリャーナに誕生。

トルストイは伯爵家の四男でした。

父親はロシアでも指おりの名門の貴族だった。

母親はトルストイが2歳のときになくなったので、親せきの女性に育てられた。

人間に対する愛の気持ちをはぐくんでくれたのはかの女だったと、トルストイはのちに回想している。

(『学習人物事典』314ページ より)

人物:農民への愛

何不自由ない子ども時代を送ったが、トルストイにいちばん大きなえいきょうをあたえたのは、ロシアの自然と農民の生活であった。

農民たちと身近にくらしているうちに、トルストイはしぜんに農民を愛するようになっていった。(中略)

故郷でトルストイは地主として農場の経営にのりだし、農民のくらしをあらためるように考えていったが、なかなかうまくはゆかず、1848年にはモスクワに出て、だらしのない生活を送るようになった。

(『学習人物事典』314ページ より)

転機:文学への道

そこで、1851年に生活をかえるために軍隊に入ったトルストイは、翌年に『幼年時代』を発表し、文学の道に進むようになった。

その後ロシアがトルコ・イギリスなどとたたかったクリミア戦争に従軍*したが、1856年3月に戦争がおわると軍隊をやめて、翌年、ヨーロッパに旅行した。

しかし、ヨーロッパの物質文明に失望したトルストイは、帰国して領地の農民のためにはたらく決心をした。

そして、ヤースナ・ポリャーナで農場経営に精を出すとともに、農民たちの教育にも力をつくした。

いっぽう、文学のしごとにも力を注ぎ、最初の長編小説『戦争と平和』(1863~1869年)が完成する。

この作品は、ナポレオン戦争を中心とした時代のロシアの社会をえがいた、世界文学でも数少ない雄大な作品である。

それから4年ほどして、トルストイは第2の大作『アンナ=カレーニナ』(1873~1876年)を書きはじめ、4年近い歳月をかけて完成した。

(『学習人物事典』314ページ より)

*クリミア戦争に従軍:青年だったトルストイは、砲兵隊の士官として参加。またその戦いのありさまは、『セバストポリ物語』など、いくつかの作品に残している

思想:『トルストイ主義』

このころからトルストイの考え方は大きくかわり、社会制度をあらためるだけでは人間はすくえないと考えて、いろいろまよったすえに、ついに宗教に救いを見いだすようになった。

トルストイはその考えを、『告白*』(1880~1882年)によって明らかにしている。

この世界にはびこる不正をなくすには、暴力によらず、キリスト教的な人間愛によるべきだとする<トルストイ主義>は、童話『イワンの馬鹿』(1885年)にもよくあらわされている。

(『学習人物事典』315ページ より)

『戦争と平和』や『復活』などの作品を書いたトルストイは、人間と世界をすくう道を考えつづけ、トルストイ主義を説いて世界に大きなえいきょうをおよぼした。

(『学習人物事典』314ページ より)

*告白:1882年に完成した作品だが、発表されるとすぐさま発売禁止となった。またこの作品を境にトルストイの目は宗教に向けられるようになったが、その宗教活動は厳しく監視されてもいた

晩年:理想と現実の狭間で

最後の長編『復活』(1898~1899年)は、トルストイの晩年の考え方をまとめたものといえるが、いっぽう、その考え方を実現することのむずかしさにも、なやまなければならなかった。

そうしたなやみのはてに、1910年10月、家庭も財産もすてて放浪の旅に出たが、やがて肺炎にかかって、11月7日にいなかの鉄道の駅*でその人生をおえた。

(『学習人物事典』315ページ より)

*いなかの鉄道の駅:リャザン・ウラル鉄道の小さな駅である『アスターポボ』のこと。現在では『トルストイ駅』と改名され、『トルストイ博物館』となっている

スポンサーリンク

『イワンの馬鹿』の考察と感想

最後は考察です。

言うまでもなく自分個人の考察となるので、あくまで参考にして下さいませ。

スポンサーリンク

『正直者が馬鹿を見る』とは言い切れない?

世の中には『正直者が馬鹿を見る』という言葉があります。

とはいえ、この童話:『イワンの馬鹿』の世界では、その言葉が必ずしも事実ではないことが描かれています。

まず童話に登場する主人公イワンは、他の誰よりも正直者な”馬鹿”です。

イワンはどこまでも目先の利益に無欲で、どんなに不遇な目に遭っても気が削がされたりはしません。

そしてそんなイワンの元には、最終的に大きな幸運がもたらされます。

もちろん現実の世界では、正直者や勤勉な人が必ずしも報われるわけではありません。

ですが、少なくともこの童話に限っては、イワンのような正直者な馬鹿が報われる世界観となっていました。

この童話の作者であるトルストイは、平和を理想に掲げていました。

よってこの童話の世界観は、そんなトルストイが理想とする世界が一部体現されていたと見ることもできるのかもしれません。

スポンサーリンク

『イワンの馬鹿』の考察とあらすじ内容まとめ

童話:『イワンの馬鹿』は、正直者で無欲の馬鹿:イワンが、悪い悪魔をその無垢さによって退治します。

そんなイワンに幸運が訪れるよう描かれたこの童話は、どこか正直者でいることの貴さが印象付けられているかのようにも感じました。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ