Amazonの本を聴くキャンペーン

【学研より公文が良いところは4つだけ】公文で働いた僕の話【事実】

平等

保護者

学研より公文が良いところって何かしら…?
公文と進学塾で働いていた僕が話しますね!

トモヤ

学研と公文はお互いにまったく違った特徴があります。

Q&A【公文と学研の違いを比較】元塾講師がどっちがいいか話す【断言】

しかし、学研よりも公文の方が明らかに良いところがあるのも事実です。

まとめると以下の通りです。

学研より公文が良いところ
  1. 1教科のみの勉強ができる
  2. 生徒のレベルに合った勉強ができる
  3. 宿題の枚数を変えられる
  4. 教室によって当たり外れが少ない

繰り返す通り僕は公文と進学塾で働いていた元講師です。

学研は働いたことこそありませんが塾業界では有名だったので評判はよく理解しているつもりです<(_ _)>

続きを見るとわかること
  1. 学研より公文が良いところについて

学研より公文が良いところは4つのみ

冒頭でお伝えした通り学研より公文が良いところは以下の4つです。

学研より公文が良いところ
  1. 1教科のみの勉強ができる
  2. 生徒のレベルに合った勉強ができる
  3. 宿題の枚数を変えられる
  4. 教室によって当たり外れが少ない

それでは上記の理由について順にお話ししていきます。

スポンサーリンク

<1>1教科のみの勉強ができる

公文は学研と違って1教科のみの勉強が可能です。

算数だけとか英語だけとかみたいな感じですね。

Q&A【公文と学研の違いを比較】元塾講師がどっちがいいか話す【断言】

しかし、一方で学研では1教科のみの勉強はできません。

基本は算数と国語で1セットです。

意外と知られていないですが学研の決まりなんですね。

NG

とはいえ、算数だけを勉強したいとか国語のみを習わせたい場合なら明らかに公文に分があります。

繰り返す通り学研は1教科のみの勉強はできませんので。

 

なので特定の教科だけ習わせるなら公文一択です。

スポンサーリンク

<2>生徒のレベルに合った勉強ができる

生徒のレベルに合った勉強ができるのも公文の良さです。

その証拠に公文では入塾前に学力診断テストを行います。

【学力診断テストとは…】

生徒の学力レベルを調べるための公文独自のテスト。

公文では学力診断テストの結果によって勉強する教材レベルが変わります。

例えば小3であっても学力レベルが高ければ小4以上の内容をやれることもあるんです。

賢さに差がある

もちろん保護者の方の意見も尊重されます。

生徒の実力や保護者の意見を参考に生徒にピッタリな勉強ができるのが公文の良さともいえますね。

 

一方で学研は公文ほど勉強する内容に融通が利きません。

僕が聞いた話だと例え勉強ができる生徒さんでも公文のように先取り学習することはあまりできないと聞きました。

 

逆に公文では先取り学習を進めるとオブジェがもらえる制度もあります。

トロフィー【公文のオブジェは超優秀な証】公文で働いた僕の話【天才だと思う】

塾全体が先取り学習をおすすめしているのは明らかに学研と違いますよね。

スポンサーリンク

<3>宿題の枚数を変えられる

公文は学研と違って宿題の枚数にも融通が利きます。

子供がやる気になっているときは宿題を増やしたり理解が追い付いていないときは減らしたりと自由自在です。

遠い目をする子供【公文の宿題を減らすのは全然OK】公文で働いた僕の話【注意点アリ】

宿題を増減させるときは教室長にいう必要がありますが保護者の方ではなく子供が伝えてもOKです。

公文は生徒ファーストなのですぐに変えてくれるはずです。

 

しかし、学研では宿題の枚数は原則として一日1枚のみです。

これも僕が聞いた話ですが宿題の枚数は基本変更不可だったはずです。

Q&A【公文と学研の違いを比較】元塾講師がどっちがいいか話す【断言】

なので宿題の枚数に融通が利くという意味でも公文に分があります。

スポンサーリンク

<4>教室によって当たり外れが少ない

教室によって当たり外れが少ないのも公文の良さです。

理由は以下になります。

公文に当たり外れが少ない理由
  1. 講師や経営者への研修がしっかりしている
  2. 設立して50年以上のノウハウがある

まず公文は講師や経営者への研修がかなりしっかりしています。

僕も研修では公文式の理念や生徒にかける言葉がけを厳しく指導されました。

ミーティング

その他にも公文は本部の方々が定期的に教室の運営状況を確認しにきます。

教室長や講師の好き勝手に運営することはできないんですよ。

 

なので公文ではどこの教室でも『公文式の勉強』が受けられるのが特徴です。

他の塾のように教室によって指導方針に違いが生まれることはありませんので。

学校の授業

さらに設立して長い歴史があるのはご存じの通りですよね。

その長い歴史の中でノウハウも積み重なっているので公文の指導方針がブレることもないです。

 

もちろん学研も公文同様にきちんとした塾です。

しかし、学研は公文と違って講師がガッツリ教えるスタイルです。

Q&A【公文と学研の違いを比較】元塾講師がどっちがいいか話す【断言】

公文と違って良くも悪くも講師の質に左右されます。

なので教室によって当たり外れは大きくなると思いますよ。

スポンサーリンク

学研より公文のまとめ

学研より公文が良いところ
  1. 1教科のみの勉強ができる
  2. 生徒のレベルに合った勉強ができる
  3. 宿題の枚数を変えられる
  4. 教室によって当たり外れが少ない

いかがだったでしょう。

客観的に見ても学研よりも公文が良い面はたくさんあります。

しかし、大切なことはお子さんに合うかどうかです。

 

どちらに通わせるか迷っているなら学研と公文の特徴をよく理解することが大切だと思いますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

おすすめ

Q&A【公文と学研の違いを比較】元塾講師がどっちがいいか話す【断言】 勉強する子供【公文と塾の違い】どっちに通わせるべきかまで両方で働いた僕が解説 笑う少年たち【公文のメリットとデメリット】公文で働いた僕が解説する【暴露】 探検する子供たち【公文をやめてよかった…】公文に通わせていた保護者の声【リアル】 孤独【やらなきゃよかった公文式】公文で働いた僕が現実を伝える【悲報】