【2020年版】色彩心理学の本のおすすめ【大学で学んだ僕が厳選】

色彩心理学

パンぞう

色彩心理学の本はどれがおすすめだろう…?
大学の研究で色彩心理学を勉強した僕が実際に読んだおすすめ本をご紹介します!

トモヤ

色彩心理学は『色』で人の心を動かす学問です。

アート【色彩心理学を大学で勉強する方法】経験者の僕が解説【悲報アリ】

上記でくわしくお伝えしましたが、僕は大学の研究で色彩心理学を使っていました。

本はもちろんのこと、数多くの論文にも目を通してきた経験があります。

 

そこで今回は、人よりもちょっと色彩心理学にくわしい僕が実際に読んだおすすめ本をご紹介させて頂きます。

本選びの参考にどうぞ ( ・ㅂ・)و ̑̑

続きを見るとわかること
  1. 【目的別に厳選】色彩心理学のおすすめ本

アマゾンプライムを無料体験してみる

Amazonで本を買うなら

本を注文するときは送料無料&最短翌日の『Amazon Prime(アマゾンプライム)』が大変お得です。

Amazonを使われる方は是非どうぞ。

無料体験で本1冊もらえるキャンペーン中

耳で本を聴くサービス

Audible(オーディブル)』という本を聴くサービスがAmazonで話題です。

今なら1か月の無料体験で本が1冊プレゼントされます。

イヤホンで音を聴くAudible(オーディブル)の評判を徹底解説|アマゾンで本を聴くサービス

色彩心理学の本のおすすめ【入門編ベスト6】

色ペン

まずは入門本をご紹介します。

色彩心理学をイチから理解したい方は是非どうぞ。

<1>色の心理学

おすすめポイント
  1. 全ページカラー
  2. 色彩心理学がイチからわかる
  3. 500円ちょっとで買える

こちらは色彩心理学がイチから理解できる一冊。

全ページカラーでなおかつイラストや図解がたくさん使われているので、色彩心理学の知識がなくても読みやすい内容です。

 

心理学の本は文字だらけの専門書が多いですが、本書は気軽に読むことができるのが特徴的。

色彩心理学の基本を理解するにはとても良い本です。

アート【色彩心理学を大学で勉強する方法】経験者の僕が解説【悲報アリ】

ボリュームも100ページちょっとで値段も安いので、コスパもバツグンです。

色彩心理学の本でどれにしようか迷っているなら、一番におすすめしたい本になります。

<2>マンガでわかる色のおもしろ心理学

おすすめポイント
  1. マンガやイラストがたくさんある
  2. 色彩心理学がイチからわかる
  3. 好評につき続編も登場

こちらはマンガやイラスト、図解から色彩心理学を理解できる一冊。

よりスラスラ読みたい方にはおすすめできる本になります。

 

内容は色彩心理学の基礎から性格診断まで幅広く書かれています。

色彩の基礎についてもわかるので、入門本としてはとても良い一冊です。

 

とはいえ、マンガだらけの本でもありません。

マンガはあくまで説明をわかりやすくするために使われているので、より深いレベルで色彩心理学を理解できるようになっています。

 

さらに本書は好評につき続編が出版されていることもおなじみです。

>>【第2弾】マンガでわかる色のおもしろ心理学

続編とはいえ続きにはなっていませんが、もし本書を読んでみて面白かったら続編に手を伸ばしてみるのが良いと思います。

<3>色彩心理のすべてがわかる本

おすすめポイント
  1. 色彩心理学がイチからわかる
  2. 全ページカラーで写真と表がたくさんある
  3. 色彩学もわかる

こちらは色彩心理学だけでなく、色彩学についてもイチから理解できる一冊。

全ページカラーで写真や表もたくさん使われており、読みやすい本になります。

 

色彩学と色彩心理学の歴史や色の見え方、カラーセラピーの例なども書かれています。

幅広く色彩心理学を理解したい方にはおすすめです。

 

マーケティングや政治活動など、実際に色彩心理学が利用されている実例も知ることができます。

網羅性バツグンの一冊です。

<4>「色彩と心理」のおもしろ雑学

おすすめポイント
  1. 色彩心理学への疑問がイチからわかる
  2. Q&A方式だから読みやすい
  3. 文庫なのでお手軽&お手頃

こちらは色彩心理学をふくめた色全般に対する疑問がよくわかる一冊。

『ダイエットに効果のある色ってあるの?』

『口紅はなんで赤なの?』

『なんで黒板は緑色なのに黒板なの?』

上記のような疑問にQ&A方式で答える内容となっているので、楽しみながら理解を深めることができます。

最初から読まずに興味があるところから読めるのも特徴です。

 

文庫なので手に取りやすい本ともいえます。

<5>色と性格の心理学

おすすめポイント
  1. 色彩心理学の入門書
  2. 色彩心理学の使い方も書かれている
  3. カラーセラピストの勉強にも使える

こちらも色彩心理学の入門書。

色が人間の心理にどういった影響をあたえるのかをわかりやすく解説している一冊です。

 

色の効果だけでなく、実際にどう使えば人の心に影響をあたえられるのかまでが書かれています。

入門書でありながらも日常で役立つ内容です。

 

さらに単なる読み物としてだけでなく、カラーセラピストになるうえでも役立つ本になります。

読書をする少女【心理学の資格のおすすめ】大学で心理学を勉強した僕が厳選【4つ】

色彩心理学の資格も取ってみたい方はとてもおすすめです。

<6>人を動かす「色」の科学

おすすめポイント
  1. たくさんの具体例を元に色彩心理学がわかる
  2. 全ページカラーで図解や表もたくさんある

こちらは具体例を見ながら色彩心理学の効果がわかる一冊。

実際に流行っている店やファッション、製品などで色彩心理学がうまく使われている例を取り上げているのが特徴です。

 

これから色彩心理学を使おうと思っている方も、本書から何かしらのヒントがつかめるはずです。

 

全ページカラーで図解や表も多かったので、読みやすさもありました。

細かい理論よりもとりあえずわかりやすさを重視するならおすすめです。

 

本書を読んでから街中に出ると、モノの見方が変わるかもしれません。

色彩心理学の本のおすすめ【応用編ベスト5】

色の図形

次は応用本です。

色彩心理学を高いレベルで理解した方は是非どうぞ。

大学などで本格的に色彩心理学を勉強される方にも役立つ本を厳選しました。

アート【色彩心理学を大学で勉強する方法】経験者の僕が解説【悲報アリ】

とはいえ、ここでご紹介する本は難しめの内容が多いです。

そのため、最低でもまずは入門編の本を1、2冊読んでからチャレンジして下さいませ。

<1>赤を身につけるとなぜもてるのか?

おすすめポイント
  1. 色彩心理学的に赤色がモテる理由がわかる
  2. 世界中の研究結果を引用した専門書
  3. 色彩心理学の信頼性がわかる

色彩心理学的に赤色が人を魅力的にみせる効果があることは有名な話です。

赤の心理【モテる色】大学で心理学を勉強した僕が4色を厳選【男女共通】

本書はそんな赤色を中心に色彩心理学の効果を科学的に考察した内容になります。

世界各国の研究内容を引用しながら話が進むので、色彩心理学の専門書ともいえる一冊です。

 

なので初心者向けではありません。

ですが、大学など学問として色彩心理学を勉強するなら読んでおいて損はない本になります。

アート【色彩心理学を大学で勉強する方法】経験者の僕が解説【悲報アリ】

さらに『色彩心理学って本当?』と思っている方にも是非読んで頂きたい本です。

色彩心理学がきちんとした学問であることがよくわかるはずです。

<2>ビレン色彩心理学と色彩療法

おすすめポイント
  1. 色彩の世界で有名なフェイバー・ビレンが著者
  2. 色を見たときの心身の反応が科学的にわかる
  3. 色彩心理学を心理療法に活かす方法がわかる

こちらはフェイバー・ビレンというアメリカのカラーコンサルタントが書いた一冊。

ビレンは色彩関連の書籍を多数出版していますが、本書はそんな氏の書籍が翻訳された数少ない本になります。

 

色を見たときの身体と心の反応を科学的に検証し、その検証データを元に色彩心理学を心理療法に活かす方法が書かれています。

難しい内容になりますが、応用本にふさわしい一冊です。

 

色彩心理学の知識を心理療法やコンサル方面に活かしたい方は読んで損はありません。

<3>色彩心理学入門ーニュートンとゲーテの流れを追って

おすすめポイント
  1. 色彩心理学の教科書
  2. 偉人たちの研究や実験内容がわかる
  3. 色彩心理学を学問レベルで勉強するのにピッタリ

こちらは色彩心理学の教科書にふさわしい一冊。

ニュートンやゲーテ、ヘルムホルツといった色彩心理学界に影響をあたえた偉人たちについてくわしく学べます。

 

色彩心理学の表面的な歴史だけでなく、当時行われていた研究内容や実験手法がイチから理解できる内容です。

色彩心理学をより専門的に勉強される方にはとても良い本になります。

 

色彩心理学の効果についても書かれているので、繰り返す通り、学問として色彩心理学を勉強するならピッタリの一冊です。

<4>色のしくみー初期の光学理論から色彩心理学・民族の色彩まで

おすすめポイント
  1. 可視光線や目が色を認識する仕組みがわかる
  2. 色彩心理学を使った配色やデザインもわかる
  3. オールフルカラーで写真や表もたくさんある

こちらは色彩心理学だけでなく、可視光線の基本から、人が色を認識する仕組みがわかる一冊。

 

入門本としてご紹介しようか迷いましたが、光学の内容も書かれていたため応用本としました。

 

とはいえ、内容はフルカラーで写真や表もたくさん使われているので、全体的に読みやすい本です。

色彩も幅広く取り上げているので勉強になります。

 

さらに色彩心理学的に効果のある配色やデザインについても勉強できます。

色彩心理学の基本を理解して、もう少しレベルの高い内容が知りたいなら、本書はピッタリだと思います。

<5>好きな色嫌いな色の性格判断テスト

おすすめポイント
  1. 色彩の世界で有名なフェイバー・ビレンが著者
  2. 好きな色と嫌いな色からその人の性格がわかる
  3. 投影法も理解できる

こちらは好きな色と嫌いな色からその人の性格がわかる一冊。

本に書かれた色彩診断テストを使って、読みながら性格診断ができる内容です。

 

著者はさきほどご紹介した色彩の世界では有名なフェイバー・ビレン。

本の内容は必ずしも科学的な裏付けがあるとは言えませんが、ビレンの話す内容になるので、ある程度の信頼はできる一冊です。

 

個人的にはよくある性格診断とは違い、診断テストと診断内容は非常に細かい印象を受けました。

良いことも悪いこともハッキリ書かれていますが、興味深く読み進められるはずです。

 

さらにロールシャッハ・テストやカラー・ピラミッド・テストといった投影法についてもくわしく書かれています。

性格診断全般に興味がある方にもおすすめです。

色彩心理学の本のおすすめ【番外編ベスト6】

たくさんのスマイリーたち

最後は番外編です。

初級編にも応用編にも当てはまりませんが、おすすめ本としてご紹介したい良書になります。

お時間がある方は参考にどうぞ。

<1>一流になりたければ、その「色」を変えなさい。

おすすめポイント
  1. 色彩心理学には個人差がある理由がわかる
  2. 色彩心理学を本格的に勉強するならとても大切な内容が書かれている

こちらには『色彩心理学の効果は人によって個人差がある』というとても大切な内容が書かれています。

色彩心理学を理解するうえで見落としてはいけない内容です。

『赤色はモテる!』

『青色は集中力アップに効果がある!』

上記は色彩心理学的には間違っていません。

ですが、そもそも人は色に対して個人的な感情を持っていることが少なくありません。

 

つまり『色彩心理学の効果を万人に当てはめるのは無理がある』という話です。

僕も経験的によく理解しています。

 

しかし、繰り返す通り、色彩心理学を勉強するときは個人差の問題は見落としがち。

色彩心理学の本にも個人差があることを強調している本は驚くほど少ないです。

 

とはいえ、本書は専門書ではないので科学的なことは書かれていません。

しかし、何度もお伝えしますが、色彩心理学を学ぶうえで効果の個人差は避けては通れない問題です。

 

その点で本書は色彩心理学を本格的に勉強される方にとても参考になると思います。

<2>けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本

おすすめポイント
  1. 色彩心理学をデザインに活かしたい方向け
  2. 余白の大切さがわかる

こちらは余白の効果が理解できる一冊。

『色彩心理学の知識をデザインに活かしたい!』という方に是非読んで頂きたい本になります。

 

というのも、色彩心理学をデザインに活かそうとすればするほど、色の主張が強いデザインになりがちだからです。

(これは僕の経験談でもありますが…。笑)

 

もちろん色彩心理学的に効果がある色をデザインに使いたい気持ちはわかります。

ですが、見ている方が目がチカチカするようなデザインになれば本末転倒です。

 

色使いには限度というものがありますが、本書は余白を通して、そんな大切なことに気付かせてくれます。

見落としがちなことですが、とても大切な内容です。

 

とはいえ、本書は色彩心理学専門の本ではありません。

あくまで色を使ったデザインを考えるうえで大切な内容が書かれているだけですので、その点は悪しからず。

<3>ファスト&スロー

おすすめポイント
  1. 心理学者ダニエル・カーネマンが著書
  2. 脳が色を認識する流れがわかる
  3. 色で注意を引きつける大切さがわかる
  4. 文庫なのでお手軽&お手頃

こちらは脳が情報を処理する流れがわかる一冊。

ノーベル経済学賞を受賞した天才心理学者ダニエル・カーネマンが書いた本として有名な本です。

 

本書の言葉を借りれば色の情報は脳のシステム1で処理されると思いますが、色の重要性をより深く理解するなら読んで損はありません。

色で注意を引きつける大切さがわかります。

 

とはいえ、本書は400ページ以上もある大作です。

文庫なので気軽に手に取って頂けるとは思いますが、色彩心理学専門の本ではありません。

 

なのであくまで色彩心理学を一通り勉強された後に読むのが良いと思います。

ちなみに本書は上・下巻とわかれているスケールの大きい本です。

>>【下巻】ファスト&スロー

本書の上巻を読んでみて、面白かったら下巻を読んでみて下さいませ。

<4>カラーメンタリズム

おすすめポイント
  1. 色を使って人の心を動かす方法がわかる
  2. 10色に例えた性格診断が面白い
  3. 色の使い方がたくさん書かれている

こちらは色の力を使って、自分をふくめた人の心を動かす方法がわかる一冊。

本を読む女性【メンタリズムの本のおすすめ】メンタリストになれる本を厳選紹介する

人の性格を10種類の色に例えて分類した性格診断はとても面白かったです。

色彩心理学の専門書とはいえませんが、色の心理を楽しく学べる本といえます。

 

人間関係や恋愛、仕事などの場面で色をうまく使う方法が書かれているので、読んだ内容はすぐに使ってみることも可能です。

<5>カラーコーディネーターのための色彩心理入門

おすすめポイント
  1. 日本色彩研究所が出版
  2. 色彩心理学をふくめた色彩学の理論がよくわかる
  3. 正統派の内容

こちらは日本色彩研究所が出版している一冊。

日本色彩研究所は日本で80年に渡り色彩研究を続けている一般財団法人です。

>>【公式サイト】日本色彩研究所

研究機関出版の本らしく、内容は確かなことしか書かれていません。

人によってはやや味気ないと感じるかもですが、効果のほどが怪しい内容を載せている本が少なくないなか、正統派の一冊です。

 

とはいえ、内容は色彩心理学というよりは色彩学に近い内容になります。

色彩学の理論をきちんと理解したい方にはとても良い本のはずです。

 

ボリュームは100ページもないので、読みやすい本ともいえます。

<6>色はビジネスの武器になる あなたの仕事効率が劇的にアップする55の方法

おすすめポイント
  1. 色彩心理学の使い方が具体的にわかる
  2. 一日の生活を例に色彩心理学を取り入れる方法がわかる
  3. 社会人以外にもおすすめ

こちらは色彩心理学の使い方が具体的に書かれた一冊。

社会人の朝起きてから夜寝るまでの一日を例に、色彩心理学を日常的に使う方法が書かれています。

 

自分の生活に当てはめながら読み進められるので、日頃決まった生活を送られている方にこそ読んで頂きたい本になります。

 

ちなみに本書のタイトルには『ビジネス』とありますが、決して社会人だけに当てはまる内容ではありません。

学生や主婦など社会人以外の方でも、勉強などで自己啓発的に使うことも可能です。

 

細かい話は置いておいて、とりあえず色彩心理学の効果を体感してみたい方にはおすすめです。

色彩心理学の本のおすすめまとめ

色に影響を受けない人はいません。

そのため、色彩心理学を勉強することは、人の心を動かす方法を勉強することにつながります。

 

とはいえ、諸説ありますが、色は細かくわけると何百万種類にもなると言われています。

僕の経験でも、色彩心理学は知れば知るほど面白い奥深い学問であることは間違いありません。

 

是非、これをきっかけに色彩心理学の世界にどっぷりつかってみて下さいませ。

もし本を通じて色彩心理学を知りたい方は、今回の内容を参考にどうぞ。

 

当サイトが一人でも多くの方に、色彩心理学の面白さを知るきっかけになればとても嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

アマゾンプライムを無料体験してみる

Amazonで本を買うなら

本を注文するときは送料無料&最短翌日の『Amazon Prime(アマゾンプライム)』が大変お得です。

Amazonを使われる方は是非どうぞ。

無料体験で本1冊もらえるキャンペーン中

耳で本を聴くサービス

Audible(オーディブル)』という本を聴くサービスがAmazonで話題です。

今なら1か月の無料体験で本が1冊プレゼントされます。

イヤホンで音を聴くAudible(オーディブル)の評判を徹底解説|アマゾンで本を聴くサービス

関連ページ

アート【色彩心理学を大学で勉強する方法】経験者の僕が解説【悲報アリ】 本を読む少女【心理学の本のおすすめ】大学で心理学を勉強した僕が読んだ面白い良書たちをランキング 赤の心理【モテる色】大学で心理学を勉強した僕が4色を厳選【男女共通】