Amazonの本を聴くキャンペーン

【3DCADの本のおすすめ】現役の機械設計エンジニアの僕が厳選【3冊】

ダイアグラム

パンぞう

3DCADの本のおすすめが知りたい!
現役の機械設計エンジニアの僕が実際に読んだおすすめ本を紹介します!

トモヤ

続きを見るとわかること
  1. 【厳選3冊】3DCADのおすすめ本

3DCADの本のおすすめ【ベスト3】

スポンサーリンク

<1>Autodesk Inventor 2020公式トレーニングガイド

おすすめポイント
  1. 3DCAD『Inventor(インベンター)』の本
  2. 使い方をイチから学べる

こちらは3DCADの『Inventor(インベンター)』の使い方がわかる一冊。

Inventorは設備設計(生産技術)の仕事でよく使われるCADになります。

設備【現役エンジニアが解説】生産技術の仕事内容を経験談を交えて振り返る

とはいえ、数ある3DCADの中でもInventorは使いやすいことが特徴です。

細かいコマンドを覚えなくても直感的に使うことができるので、はじめに使う3DCADとしてはとてもおすすめです。

 

Inventorは体験版であれば無料で使えるので、3DCADをまだ本格的に使ったことがない方は、本書を片手に始めてみても良いかもしれません。

>>公式サイトを見てみる

ちなみに僕は仕事でInventorを使っていますが、本書を通じて使い方を勉強をしていました。

間違いなくイチから勉強できる良書です。

スポンサーリンク

<2>作って覚える SOLIDWORKSの一番わかりやすい本

おすすめポイント
  1. 3次元CAD『SOLIDWORKS』の本
  2. 使い方をイチから学べる

こちらは『SOLIDRORKS(ソリッドワークス)』という3DCADの本です。

3DCADのなかでは使われる場面が限定されるCADですが、高校や大学などの教育機関ではよく使われています。

 

SOLIDRORKSの特徴としては、コマンドが豊富であることです。

なので使い方をマスターすれば、他のCADもすぐ使えるようになるはず。

 

本書はそんなSOLIDRORKSの使い方をイチから理解できるので、おすすめできます。

細かい説明よりもモデルを作りながら勉強できるようになっているので、実用的な本ともいえます。

スポンサーリンク

<3>ついてきなぁ!加工部品設計で3次元CADのプロになる!-「設計サバイバル術」てんこ盛り

おすすめポイント
  1. 3DCADの応用本
  2. 仕事で役立つノウハウが学べる

この本は一言でいって、CADの応用本になります。

CADの使い方をイチから学べる本ではないですが、CADを使う意味を深く掘り下げた内容の一冊です。

 

初学者の方にはおすすめできませんが、3DCADの使い方を一通り理解したら是非読んで頂きたい本となります。

CADを使えるようになることがゴールでないことが理解できるはずです。

スポンサーリンク

3DCADの本のおすすめまとめ

ぶっちゃけCADは本を読むよりも、実際に使ってみた方が早く使えるようになります。

いわゆるハンズオン(hands-on)的な学習法です。

 

ですが、本は初学者が変なクセをつけないように、使い方が丁寧に解説してあります。

仕事を通じては知ることができない便利なコマンドも載っているので、本を通じて得るものも間違いなくあります。

 

是非、本を通じて学びを深めて下さいませ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

3DCAD【機械設計のCADの種類】仕事で使ったCADを現役エンジニアが紹介する 勉強する男性【機械設計の勉強本のおすすめ】現役エンジニアが仕事に役立つ本を厳選 設計図面【機械設計の勉強方法】現役エンジニアがイチから解説【3つのステップ】 研究【機械設計の資格一覧】仕事に役立つ資格を現役エンジニアが厳選【3つ】 機械【機械設計はAI(人工知能)に奪われる仕事?】現役エンジニアが答える

当サイトで話した機械設計のすべて

機械設計【機械設計の完全ガイド】勉強法や仕事内容を経験者が総まとめ