Amazonの本を聴くサービス

【機械設計はなくなる?】現役の機械設計エンジニアの僕が答える【断言】

霧の中へ

パンぞう

機械設計の仕事って将来なくなるのかな…?
機械設計エンジニアの僕が話すね!

HARU

結論からいいます。

機械設計の仕事はなくなりません。

理由は以下の2つです。

機械設計エンジニアが必要な理由
  1. 世の中から機械はなくならない
  2. AI(人工知能)には限界がある

一つ目は現役の機械設計エンジニアとして意見。

二つ目はAI(人工知能)プログラミングを勉強している立場からの意見です。

なので主張に対しては自信があります。

続きを見るとわかること
  1. 機械設計が絶対になくならない理由

機械設計はなくなる?現役エンジニアがなくならない理由を2つあげてみる

冒頭でお話しした通り機械設計の仕事がなくならない理由は以下の2つです。

機械設計エンジニアが必要な理由
  1. 世の中から機械はなくならない
  2. AI(人工知能)には限界がある

上記について順にご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

<1>世の中から機械はなくならない

そもそもですが世の中から機械がなくなることはないです。

人の日常に機械が溶け込んでいるのがその理由。

 

例えば以下にあるのは数ある機械の一例です。

広い意味での機械の例
  1. 自動車
  2. ロボット
  3. スマホ
  4. 家電製品

機械というのは人力以外で動くモノのこと。

つまり広い意味で上記は機械になります。

いうまでもなく日常から切っても切り離せない機械ばかりですよね。

 

ちなみに僕は自動車部品や設備の設計をしていますが…。

上記のような機械を必要とする人がいる以上はエンジニアの仕事がなくなることはありません。

 

なので機械設計の仕事は将来的にも存在し続けます。

スポンサーリンク

<2>AI(人工知能)には限界がある

心配する人

将来的に機械設計の仕事はAIに奪われるのかな…?

機械設計の仕事自体はなくならなくても人工知能(以下AIとする)の進化に心配する方がいるかもしれません。

しかし、これも大丈夫です。

 

機械設計の仕事がAIに奪われる可能性はゼロです。

なぜなら、現在のAIの技術では人間の本能や感情を根本的に理解することはできないからです。

機械学習

現在出回っているAIで最も優秀なのは『ディープラーニング』という機械学習の一種。

自動車の自動運転や防犯カメラなどの物体検出に使われている技術です。

 

もちろんディープラーニングは画期的かつ優秀です。

しかし、ぶっちゃけてしまうと現在のAIはディープラーニングを含めてですが数あるサンプルを学習しているに過ぎません。

 

人と親密なコミュニケーションを取るAIは今の技術では到底不可能です。

ターミネーターやドラえもんは生まれないでしょう。

 

しかも多くの機械設計エンジニアには顧客や部署内外での密なコミュニケーションが求められます。

コミュニケーション

なので『人』としての役割が求められる機械設計エンジニアの仕事はまだまだ奪われません。

顧客の要望をヒアリングして図面を作る仕事はAIにはまだまだ不可能なんですね。

 

とはいえ、今後AIは2030年あたりまでに人の言葉を徐々に理解し出すといわれています。

エンジニアとして働くのであればスキルは重要です。

しかし、それ以上に人と仲良くできるコミュニケーションスキルを磨いておくことがより重要になるのはいうまでもありません。

スポンサーリンク

機械設計はなくなる?のまとめ

いかがだったでしょう。

機械設計の仕事はなくなるどころか人手不足が深刻です。

海外からエンジニアを雇っている現状を僕は何度も目にしてきたからです。

 

なので機械設計エンジニアの需要はこの先も存在し続けると思いますよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

勉強する男性【機械設計の勉強本のおすすめ】現役エンジニアが仕事に役立つ本を厳選 設計図面【機械設計の勉強方法】現役エンジニアがイチから解説【3つのステップ】 歯車【現役エンジニアが解説】機械設計の仕事内容や出世に必要なこととは 砂時計【機械設計の転職事情】年齢が若くないと転職はオススメできない理由 機械設計【機械設計の完全ガイド】勉強法や仕事内容を経験者が総まとめ