Amazonの本を聴くサービス

【統計学の入門本おすすめ】大学で統計学を勉強した僕が良書を徹底厳選

統計データ

パンぞう

統計学がわかるおすすめ本が知りたいな…
大学で統計学を勉強した僕が実際に読んで役立った本を紹介するね!

HARU

統計学を理解できる本をご紹介します。

読むだけで統計学への理解が深まりますよ。

読み進めてわかること
  1. 統計学のおすすめ本をランキングでご紹介

統計学の入門本のおすすめ【基礎編ベスト3】

まずは統計学の基礎がわかる入門書のご紹介です。

どれも読みやすい良書ばかりです。

<1>マンガでわかる統計学

おすすめポイント
  1. 統計学をマンガで楽しく理解できる

こちらは統計学のマンガ本。

平均や中央値、標準偏差などの統計の基礎から応用が解説してあります。

マンガといえども本格的な内容です。

 

ストーリーもあるので、楽しく読み進めることができますよ。

ギャグ要素もあって面白かったです。

 

巻末にはパソコンの表計算ソフトであるExcelを使った統計の出し方まで書かれています。

Excelは多くの社会人にとって必要なスキル。

将来的に役立つ知識が学べますよ。

 

統計をイチから知りたい方にはまず手に取って頂きたい本です。

<2>マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる~く解説

おすすめポイント
  1. イラストや図解がたくさん

こちらもマンガ本です。

しかし、本書ではマンガはあくまで統計の内容を補足するための役割。

マンガありきの本ではないので本格度は高めです。

 

統計でおさえたいことはほぼすべて扱っています。

個人的にはかなりオススメできる一冊です。

<3>マンガでわかるやさしい統計学

おすすめポイント
  1. 世の中の統計データを扱っている
  2. マンガ&解説で飽きずに読める

こちらは世の中に出回っている統計データの事例をもとに話が進んでいくので面白かったです。

 

マンガだけでなく、文章も交えながら解説している一冊。

飽きずに読み進められました。

イラストも多いので理解しやすいですよ。

スポンサーリンク

統計学の入門本のおすすめ【応用編ベスト3】

ここでご紹介する本は入門ではあるものの、一歩踏み込んだ内容が学べる書籍です。

統計の基礎の基礎を身に付けたら是非手に取ってみて下さい。

<1>やさしい統計入門

おすすめポイント
  1. 確率や解析、予測などがわかる
  2. 中級~上級者向け

こちらは確率や解析、予測といった統計学では大切なことをイチから学べます。

実際の統計データをもとに話が進んでいくので、読み応えがありました。

 

しかし、内容は中級~上級者向けです。

数学の基礎知識がないと理解は厳しいかもしれません。

 

ブルーバックスといってわかりやすい本という位置付けですが、難易度は高校卒業~大学入学あたりになるでしょう。

<2>心理学のための統計学入門

おすすめポイント
  1. 心理学実験で使う統計学がわかる

こちらは心理学実験で役立つ統計学を学べる一冊。

心理学といっても社会心理学や臨床心理学など様々なジャンルがありますが、ジャンルごとに必要な統計学の知識が学べます。

 

はじめから読む必要はないです。

自分に当てはまる心理学のジャンルの内容を見るのがおすすめですね。

 

とはいえ、内容は心理学以外でも十分使えます。

学問としての統計学を勉強したい方にはおすすめです。

<3>マンガでわかる統計学入門

おすすめポイント
  1. 学校教育の統計学をおさらいできる

こちらは統計学が学べるマンガ本です。

マンガではありますが、データを出しながら解説しているのでガッツリ学べますよ。

 

理論をきっちり理解したい方には特におすすめです。

 

現在の学校教育では中学2年生の数学で統計の基礎を学びます。

本書では、学校の教科書で習うことがおさらいできる内容でした。

スポンサーリンク

統計学の入門本おすすめまとめ

いかがだったでしょう。

統計学を理解できると心理学や数学、機械学習だけなく、日常生活にも役立ちます。

 

日常は統計データであふれています。

正しいデータを見極められるようになるためにも、本を読んで理解を深めていきましょう!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

オススメ

パズルアート【心理学の完全ガイド】心理学をイチから理解できる総まとめ 本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介