Amazonの本を聴くキャンペーン

【公文の国語2Aのレベルとは?】公文の元講師の僕が疑問にズバリ答えます

深海

保護者

公文の国語2Aのレベルはどれくらいなのかしら?
公文と進学塾で講師をしていた僕がお伝えします!

トモヤ

続きを見るとわかること
  1. 公文の国語2Aの正直なレベルについて

公文の国語2Aのレベルは幼稚園年長~小学一年生の入り口の内容

一言でいうと、公文の国語2Aは幼稚園年長~小学一年生の入り口のレベルです。

公文式国語の教材レベルについて
  1. 2A⇒幼稚園年長~小学一年生の入り口
  2. AI⇒小学一年生の前期の内容
  3. AII⇒小学一年生の後期の内容

つまり国語の2Aをよく理解しておけば、小学一年生からの学校での国語の授業で苦労することはなくなるはずです。

スポンサーリンク

ひらがなの読み書きを総復習

具体的に公文の国語2Aでは、ひらがなの読み書きを勉強します。

8A~3Aでもひらがなの勉強はありますが、2Aではそれらの内容が理解できているのか総復習する形です。

勉強に励む生徒

しかもただ文字をなぞるだけではなく、イラストを見ながら文字を書いていく問題も増えます。

きちんとひらがなを理解していないと、2Aでは苦戦するかもしれません。

 

その証拠に、僕の経験でも、公文で国語を勉強している生徒が間違い始めるのは2Aが多かったです。

場合によっては、教室長や講師が手取り足取り指導することもありました。

勉強する子供【公文と塾の違い】どっちに通わせるべきかまで両方で働いた僕が解説

とはいえ、繰り返す通り、公文の国語2Aは小学一年生以降の国語の土台となる内容です。

たとえ苦戦したとしても、今後のことを考えれば、可能な限りじっくり勉強させるのも良いでしょう。

 

さらに2A教材は読みも多いのも特徴的。

ひらがなの書きだけでなく、読みにも力を入れることで国語の基礎力を上げることが可能です。

時空間

ちなみに2A教材の次のAI教材では、時間をはかりながらの音読が始まります。

公文式国語の教材レベルについて
  1. 2A⇒幼稚園年長~小学一年生の入り口
  2. AI⇒小学一年生の前期の内容
  3. AII⇒小学一年生の後期の内容

そのため、今後を考えると、2Aではただ読めるようにするだけでなく、時間をかけずによりスラスラ読めるようになる必要があるともいえます。

スポンサーリンク

公文の国語2Aのレベルまとめ

公文の国語2Aは、ひらがなの読み書きを中心に、小学校の国語を理解するために必要な土台が作れる内容です。

そのため、多少はじっくりと時間をかけてでも理解度を高めておくと良いと思います。

 

国語の2Aがよく理解できれば、小学校の授業だけでなく、今後の教材もスムーズに理解できるようになるはずです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

親子の手【公文の算数はいつから(何歳から)始めるべきか】公文で働いた僕が断言します 時計を眺める少女【公文の国語はいつまで習うべき?】どこまでがベストか公文の元講師の僕が断言 学校の供給品【公文の国語を小1で勉強する3つのメリット】新一年生だけの価値

当サイトで伝えた公文のすべて

公文のロゴ【公文式のすべて】公文の元講師の僕が当サイトで伝えた内容【まとめ】