『べろだしちょんま』の怖いあらすじ内容【悲しいストーリー】

テディベアとカバン

名作:『べろだしちょんま』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 『べろだしちょんま』の怖いあらすじ
  2. 参考文献

『べろだしちょんま』の怖いあらすじ内容【悲しいストーリー】

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:オモチャにまつわる悲しい物語

てへぺろをする少年

千葉ちばはなむら*に、『ベロしチョンマ』というオモチャがある。

にんぎょうで、りょうひろげ、じゅうかたちっている。

なかくと、まゆがハのがってベロッとしたす。

ればだれでもおもわずさずにはいられない。

チョンマというのは『ちょうまつ』のなまりのことだ。

 

ちょうまつというのは、もうじゅうさいになるアンちゃんだ。

だから、いもうとのウメの面倒めんどうなくちゃならない。

それにウメはまだみっつだったし、しもけはひどく、いてあるキレ*をえてやるたんびにかならいていた。

 

あるとき、ちょうまつはうまいことをつけた。

ウメがビーとしそうになったらうのだ。

「ウメ、ろ。アンちゃんのツラ」

 

まゆをハのげて、ベロッとベロをしてやるんだ。

するとウメはわらさずにはいられない。

 

毎晩まいばんとうちゃんやかあちゃんやむらしゅうが、ネング*の相談そうだんをしている。

ちょうまつとこいていた。

去年きょねん今年ことし天候てんこうわるく、こめむぎもロクロクとれないのに、殿様とのさまはネングをまえよりもっとせとってきたらしい。

ぶんたちがうものだってこまっているのに。

 

「もうこうなったらちょうさん*だ」

「いっそちこわし*でもやっか」

「それよりだれかが江戸えどじきすれば」

 

じきしょうぐんさま殿様とのさまのやりかたいつけにくことらしい。

どれもこれもつかまったり、くびられたりするおそろしいバツがあるらしいのだ。

 

あるあさきてみたら、とうちゃんがいなかった。

そして何日なんにちったあるばん役人やくにんがナダレんでた。

 

つまふじ、そのほう、おっともととうろうが、江戸えどしょうぐんじきおよぶため、しゅっ*せしことぞんじおろう!」

 

役人やくにんろくしゃくぼう*でかあちゃんのかたをグイといた。

とうちゃんは江戸えどってしょうぐんさまったんだ!

 

ってました。かくはしてますだ。ご存分ぞんぶんに」

 

ちょうまつとウメをかかえ、かあちゃんはしっかりとこたえた。

けいじょうでは、とうちゃんがちょうまつたちとおなしろものたかはしらしばられていた。

 

とうちゃん!」とちょうまつさけぶと、とうちゃんはやさしいわらった。

かあちゃんもちょうまつもウメも、じゅうはしらにはりつけられた。

ウメは、「かあちゃーん!」とさけんだ。

 

村人むらびとたちがそとからたけらい*をする。

「はじめー!」

役人やくにんさけんだ。

「ヒーッ!おっかねえーッ!」

ウメがさけぶ。

このときちょうまつは、おもわずさけんだ。

 

「ウメーッ!ろォアンちゃんのツラァーッ!!」

 

そしてまゆをハのげてベロッとベロをした。

ちょうまつはベロをしたままやりかれてんだ。

 

そのしょにはちいさなやしろった。

役人やくにんがいくらこわしても、またった。

そして縁日えんにちには、『ベロしチョンマ』のにんぎょうられた。

(おわり)

ーーーーー

よう説明せつめい

はなむら創作そうさくじょうくうむら

*キレ:ぬのれのこと

*ネング:ぜいとしておさめるこめのこと

ちょうさんはたててげること

ちこわし:こめなどをおそうこと

しゅっ江戸えどくこと

ろくしゃくぼうながやく182cセンチmメートルぼう

たけらいたけこうさせてつくったかこ

ーーーーー

スポンサーリンク

作者:斎藤隆介

作者:斎藤隆介(1917~1985年)

東京都出身の児童文学作家。

東京都で生まれた後、大学卒業後、北海道新聞の記者を勤めながら著作活動を始めました。

方言を使った童話が特徴で、秋田地方の方言やオノマトペを散りばめた創作童話を多数執筆しています。

画家:滝平次郎とのコンビが有名です。

その他の代表作には『モチモチの木』や『花さき山』、『八郎』など多数。

スポンサーリンク

『べろだしちょんま』の怖いあらすじ内容【悲しいストーリー】まとめ

誰もが笑ってしまう人形:『ベロ出しチョンマ』のモデルである長松は、最期まで、怖がる妹のウメを笑わせようとしました。

怖くもあり、悲しい物語でもあったように思います。

またこの物語は作中に登場する花和村が創作上の村であることをはじめ、物語自体は作者による創作です。

ですが、作中に登場する長松の父は、将軍へ直訴して処刑された佐倉惣五郎がモデルとされています。

なお、余談ながら、なんでもこの作品は小学校の国語の教科書に掲載されていたこともあったとか。

(何年生なのか、現在もそうなのかなどは不明)

作品から得られる意義を考察してみるのも、また意義あることになり得るのかもしれません。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ