Amazonの本を聴くサービス

【特別区の論文テーマ】過去に出題された論文問題の全文まとめ

色ペン

パンぞう

特別区の論文テーマって過去にどういう問題が出てるんだろう…?
特別区受験経験者の僕が調べたよ!

HARU

2013年~2018年に出題された特別区の論文問題を全文載せました。

論文対策に役立てて頂ければと思います。

読み進めてわかること
  1. 過去に出題された論文問題全文

特別区論文テーマの過去問【2018年】

スポンサーリンク

<1>住民との信頼関係の構築

特別区では、安全・安心のまちづくりや環境負荷の軽減をはじめ、区政の様々な分野で住民と協働した取組みが展開されています。今後、人口減少や少子高齢化の進展など社会状況の変化により、地域の抱える課題がますます複雑・多様化する中にあっては、行政と住民が連携を深め、課題解決に取り組むことが更に重要となってきます。その基礎となるのが住民との信頼関係です。

このような状況を踏まえ、住民との信頼関係の構築について、区政の第一線で住民と接する特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

<2>子どもの貧困

日本の将来を担う子どもたちは国の一番の宝であり、子どもたちが自分の可能性を信じて前向きに挑戦することにより、未来を切り拓いていけるようにすることが何よりも重要です。しかし、現実には、貧困が世代を超えて連鎖し、子どもたちの将来がその生まれ育った家庭の事情や環境などによって左右されてしまうことも少なくありません。

このような状況を踏まえ、社会における子どもの貧困問題について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマの過去問【2017年】

スポンサーリンク

<1>空き家

近年、放置されたまま老朽化が進行する空き家が全国的に増加し、都市部においても空き家の更なる増加が懸念されています。増加する空き家は、景観の悪化、地域の治安や防災機能の低下など、周辺地域に様々な問題を引き起こしています。

一方で、空き家を地域課題の解決や地域コミュニティの活性化に活用していこうという取組みも始まっています。

このような状況を踏まえ、地域の安全や活力に影響を及ぼす空き家問題について、特別区職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

<2>社会における女性の活躍

少子高齢化が急速に進み、人口減少社会を迎える中で、社会の活力を維持し、接続的成長を実現していくために、社会のあらゆる分野において女性の活躍が期待されています。一方で、女性を取り巻く社会環境は、働く場での男女間格差の問題や家庭生活における役割の偏重など、女性の意欲や能力が十分に発揮できる状況にあるとはいえません。

このような状況を踏まえ、社会における女性の活躍推進について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマの過去問【2016年】

スポンサーリンク

<1>ユニバーサルデザイン

急速に進む少子高齢化やノーマライゼーションの機運の高まり、さらには国際化の進展等により、特別区には、高齢者、障害者、子ども、外国人を含めたすべての人が、安全、安心、快適に暮らし、訪れることができるまちづくりが求められています。

このような状況を踏まえ、ユニバーサルデザインの視点に立った人にやさしいまちづくりについて、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

<2>ICT

スマートフォンをはじめとした情報通信機器の普及やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用の拡大等、情報通信技術(ICT)は生活の中に浸透しています。こうした中、特別区では、ICTの利活用による区民サービスの向上、地域社会との連携強化に向けた取り組みが進められています。

このような状況を踏まえ、区民の視点に立ったICTのさらなる利活用の促進に向けて、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマの過去問【2015年】

スポンサーリンク

<1>アウトソーシング

地域公共団体は、その事務を処理するに当たっては、住民の福祉増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を上げるようにしなければなりません。特別区ではすでに、自治体事務のアウトソーシングとして、公共施設の指定管理などを行っていますが、施設の利用者が増大する一方で、様々な課題も見られます。

このような状況を踏まえ、自治体事務のアウトソーシングについて、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

<2>ワークライフバランス

人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくいという現実に直面しています。誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て、介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう仕事と生活の調和が求められています。

このような状況を踏まえ、ワークライフバランスの実現に向け、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマの過去問【2014年】

スポンサーリンク

<1>放置自転車

区民の健康志向や環境への配慮などにより、自転車の利用者が増えていますが、それに伴い、歩行者や自動車との接触事故や放置自転車の増加など、多くの問題が起きています。

このような現状を踏まえ、特別区の職員として、地域社会において自転車を安全かつ安心して利用できるまちづくりについてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

<2>グローバル化の流れ

政府は2030年までに訪日外国人旅行者を年間3,000万人とする目標を定めており、外国人旅行者の誘致に取り組む自治体が増加しています。また、我が国に居住する外国人には地域活動への参加などが期待されています。一方、都内の中小企業は海外に販路を広げるなど、地域を取り巻くグローバル化の流れは一層加速しています。

今後、オリンピック・パラリンピックの開催に向けて海外からの東京に対する注目度も一層高まっていく中で、グローバル化の流れを積極的に施策に反映していくために、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマの過去問【2013年】

<1>東京の魅力

東京は、東京スカイツリーの開業や東京駅の復元、様々な商業施設の開業などに加え、2020年のオリンピック・パラリンピック開催地へ立候補するなど、国内外の人々に魅力あるまちであることをアピールしていく好機を迎えています。あなたが発信していきたい東京の魅力を述べた上で、東京がより一層魅力あるまちとなるために、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい。

<2>いじめや体罰

近年、学校でのいじめや体罰が社会問題となっています。これらは、子どもの成長と発達に与える影響が大きく、社会全体がいじめや体罰は許されないという認識を持つことが必要です。いじめや体罰が起こる要因についてあなたの考えを述べ、地域としてどのように取り組むべきか論じなさい。

スポンサーリンク

特別区論文テーマまとめ

いかがだったでしょう。

見て頂いた通りですが、特別区で出題される論文テーマはとても幅広いです。

 

一つ一つの分野の理解を深めることが、合格へとつながるのは間違いないです。

健闘を祈っております(`・ω・´)ゞ

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

オススメ

紙とペン【特別区の論文解答例】合格経験者が当時を振り返りつつ書いてみた コンパス【特別区の完全ガイド】受験から合格への道のりを総まとめ 勉強する学生【公務員論文の書き方】論文をうまく書ける『型』を合格者が徹底解説 書く【公務員の論文対策】独学で公務員試験に合格した僕の勉強法を大公開 グラフ調査【特別区の論文の配点】受験経験者が評価項目と配点比率を解説してみた