Amazonの本を聴くサービス

【神経心理学の本のおすすめ】大学で心理学を勉強した僕が厳選【3冊】

人工的ニューラルネットワーク

パンぞう

神経心理学のおすすめ本が知りたい!
大学で心理学を勉強した僕が紹介するね!

HARU

続きを見るとわかること
  1. 神経心理学のおすすめ本【3冊】

神経心理学の本のおすすめベスト3

スポンサーリンク

<1>神経心理学入門

おすすめポイント
  1. 脳科学者が書いた
  2. 神経心理学がイチからわかる

こちらは脳科学者の山鳥重さんが書いた一冊。

山鳥さんは神経心理学を専門に研究している方です。

 

本には実際の症例や研究結果をもとに理論の説明がされています。

入門本でありながらも専門的な内容です。

 

全400ページ以上とボリュームがある本です。

とはいえ、神経心理学を本格的に理解したいなら目を通しておきたい一冊です。

スポンサーリンク

<2>記憶の神経心理学

おすすめポイント
  1. 脳科学者が書いた
  2. 図解がたくさん

こちらも先ほどの本と同じ脳科学者の山鳥重さんが書いた一冊。

 

脳障害の中でも記憶障害をメインテーマにしている内容です。

狭く深く解説しているので記憶障害を学びたい方には役立つ本となります。

 

図解も多いので視覚的にも理解しやすいです。

スポンサーリンク

<3>臨床神経心理学

おすすめポイント
  1. 神経心理学を仕事にする方法がわかる

こちらは神経心理学を仕事に活かす方法が勉強できる一冊。

公認心理士の試験対策としての位置付けの本です。

 

とはいえ、本には脳の症例にもとづいた科学的なアプローチが書かれています。

神経心理学が臨床の現場でどう役立つのかを理解できるので価値ある一冊です。

 

出版には現役の公認心理士や心理学者の方々が関わっているので信頼もできますよ。

スポンサーリンク

神経心理学の本のおすすめまとめ

いかがだったでしょう。

神経心理学は脳と行動の関係が学べる学問です。

 

他の心理学とはまた違った魅力があります。

興味がある方は是非神経心理学の世界に足を踏み入れてみて下さいね。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

本を読む少女【2019年版】心理学本のおすすめで面白い良書たちをランキングでご紹介 脳【前頭葉を活性化】前頭葉を今すぐ鍛えられる5つの方法を解説【経験談】 病院での診察【認知症予防になる脳トレ】今すぐできる効果的な予防法をご紹介