【ネガティブ思考を改善できる本4冊】マイナス思考におすすめな本です

不安感と孤独感

ネガティブ思考を改善できる本が知りたい…

パンぞう

トモヤ

超ネガティブ思考の僕が読んで役立った本をご紹介します!

『考えなくても良いことまで考えてしまう…』というのは僕のクセでして、しかもいつも決まってネガティブな方向に考えてしまいます。

 

とはいえ、今では数冊の本によってそんなネガティブ思考との付き合い方を学ぶことができました。

今回はそんな僕の経験談を共有させて頂ければと思います。

 

ちなみに僕は心理学を大学で勉強していた経験もあるので、メンタルを改善できる本選びにおいては少なからず参考になるはずです。

続きを見るとわかること
  1. 【ベスト4】ネガティブ思考の改善に役立つおすすめ本

【ネガティブ思考を改善できる本】マイナス思考におすすめな本ベスト4

順にご紹介していきます。

<1>最高の体調

おすすめポイント
  1. 2章と6章の不安対策はネガティブ思考の改善に役立つ
  2. 学問的な裏付けアリ

一番おすすめなのがこちらです。個人的にも最も役に立ちました。

簡単にいうと、『文明病』という現代の暮らしと原始時代の暮らしとのギャップから、体調を整える方法が学べる本です。

 

ネガティブ思考の改善法だけが書かれた本ではないですが、2章と6章を中心に『不安対策』が書かれています。

特に『未来を今に近づける』ということと『価値観』についての内容は必読です。

 

僕はこの本に出合ったおかげで、以前に比べて格段にメンタルコントロールがうまくなりました。

ネガティブ思考にお悩みのすべての方に心からおすすめできます。

 

内容は心理学や脳科学、人類学といった学問的な裏付けがあるので、より再現性のある内容が知りたい方にもピッタリだと思います。

今までネガティブ思考の改善にうまくいかなかった方には特に読んで頂きたいです。

 

ですが、良くも悪くも詰め込みまくりの本になるので、初見だと読むのがやや難しいかもしれません。僕も読み切るのに時間がかかりました。

 

とはいえ、本書は僕がいまだに何度も読み返す良書の一つなので、読む価値は間違いなくあります。

武器になる本【本のおすすめベスト8】僕が何度も読み返す本【絶対的な武器になる】

<2>ゼロ

おすすめポイント
  1. 実業家のホリエモンこと堀江貴文さんが著者
  2. ネガティブ思考とは無縁の堀江さんの考えがわかる

実業家のホリエモンこと堀江貴文さんの頭のなかが理解できる一冊です。

『ネガティブなことを考える人はヒマなだけ』という本書206ページの内容など、堀江さんの力強いメッセージがつまっています。

 

『絶えず行動し続けることでネガティブな感情を打ち消す』という不安への立ち向かい方は根性論に聞こえるかもしれません。

しかし、心理学や行動経済学においては効果が証明されているのも事実です。

 

本書もネガティブ思考の改善だけをテーマにした本ではありませんが、僕にとって本書もいまだに何度も読み返している数少ない本の一つですので、心からおすすめできます。

次のステップへ堀江貴文さんが『ゼロ』で伝えたかった0→1へのススメ

<3>ポジティブ・チェンジ

おすすめポイント
  1. 行動することでメンタルが改善する理由がわかる
  2. メンタリストDaiGoさんが著者
  3. 読みやすく、わかりやすい

人間には変化を嫌う『ホメオスタシス』という性質があることを前提に、努力と根性にたよらないメンタル改善法がわかる一冊です。

メンタリストDaiGoさんが著者であり、今回ご紹介する本のなかで一番読みやすいです。

 

特に読むべきところは、64~69ページの『作業興奮の原理』についてから『フロー』についての内容です。

行動によってネガティブ思考が改善するヒントがつかめます。

 

一見すると、さきほどご紹介した『ゼロ』と似ている部分もありますが、本書は心理学や行動経済学などの学問の裏付けも多いので、より納得感が持てるはずです。

 

僕も仕事で悩んでいたときに本書に出会いましたが、ネガティブ思考をふくめたメンタルを改善するうえで役立ちました。

<4>マンガでやさしくわかる認知行動療法

おすすめポイント
  1. メンタルを改善する心理療法『認知行動療法』の本
  2. マンガなのでわかりやすい
  3. 臨床心理士の玉井仁さんが著者

最後は『認知行動療法』の本です。

【認知行動療法とは…】

ヒトの認知に働きかけてメンタルを改善する心理療法のこと。

質問と閃き【認知行動療法の本のおすすめランキング】大学の研究で心理学を勉強した僕が読んだ良書4冊

認知行動療法と聞くと、小難しく聞こえるかもしれませんが、本書はマンガになるので心配いりません。

知識がない状態からでもスラスラ読めるようになっています。

 

しかも認知行動療法は臨床心理士や心理カウンセラーなどが実際に使う心理療法です。

ネガティブ思考をはじめとしてメンタルの改善にも効果的なので、メンタルを根本から変えたい方にはとても良い本になります。

 

僕も認知行動療法の本は色々読みましたが、わかりやすさでいえば本書が一番でした。

著者は臨床心理士の玉井仁さんという方なので信頼性もある一冊です。

【ネガティブ思考を改善できる本】マイナス思考におすすめな本のまとめ

ネガティブ思考は非常にやっかいです。

冒頭でお伝えしたように、僕は本を通じてメンタルコントロールがうまくなったと自負していますが、それでもネガティブ思考が根本から治ったわけではありません。

 

今でもネガティブ思考が顔をのぞかせることは珍しくなく、おそらくこれは一生付き合っていくべきものだと感じています。

 

とはいえ、今思うのは、大切なことは0か100かの問題ではないということ。

今よりも少しだけネガティブ思考を改善できるだけで、人生は良い方向に大きく変わっていくからです。これは僕が保証します。

 

その意味で今回ご紹介した本は、僕が自分のネガティブ思考を改善するうえで本当に役立った良書のみを厳選したので、少なからず本選びの参考にはなるはずです。

 

この場を通じてになりますが、僕はあなたの人生が今より少しでも良くなることを心から願っています。