無料体験で本1冊もらってみる

【公文で教科変更するときの注意点】公文の元講師の僕の話【2つ】

危険な高さにいる少女たち

悩む保護者

公文で教科変更をしようと思うのだけれど、どうなのかしら…?
公文の元講師の僕が教科変更の注意点を話しますね!

トモヤ

公文で教科変更をするのは全然アリです。

教科変更がダメな理由は一つもありません。

 

しかし、教科変更については知っておいて頂きたいことが2つあります。

今回は公文で講師をしていた僕が教科変更の注意点をお話しさせて頂きますね<(_ _)>

続きを見るとわかること
  1. 【2つだけ】公文で教科変更をする注意点
  2. 教科変更のタイミングについて

公文で教科変更をするときの2つの注意点

結論は以下の2つです。

公文で教科変更をする注意点
  1. 引き止められる可能性大
  2. 余裕を持って伝えるべき

それでは順にお話ししていきます。

スポンサーリンク

<1>引き止められるかも

教科変更をしたい保護者

教科変更をしたいのですが…
教科変更はしない方が良いですよ!

公文の先生

残念な話ですが『教科変更を引き止められる』というのはよくある話です。

僕が公文や進学塾で講師をしていたときもよく聞きましたので(僕が働いていた教室ではありませんでしたが)。

 

しかし、結論からいえば引き止められても無視すればOKです。

冒頭でお伝えした通り教科変更がダメな理由は一切ありませんので。

 

ちなみに僕が知る限りでは引き止められる理由としてよくあるのが『もったいない』という一言。

具体的には以下のようなやりとりです。

教科変更をしたい保護者

算数を辞めて英語にしようと思うんですけど…
せっかく算数をここまで勉強したのに『もったいない』ですよ!

公文の先生

ぶっちゃけ公文で勉強しないともったいないという話は?です。

というのも、当然の話ですが勉強は公文じゃなくてもできるからです。

 

あえて公文でやらないといけないという話がおかしいかと。

NG

なのでもし『もったいない』を引き止めの理由に使われたら無視しましょう。

そもそも教科変更したら元の教科に戻せないルールはありません。

やりたければまたやれば良いだけです。

 

とはいえ、ここだけの話ですが公文の本部の方々は教科変更を良しとは思っていません。

公文では生徒が途中で辞めることなく継続することを良しとしています。

『やっててよかった公文式!』

僕も公文の本部の方と研修をしたとき『いかに生徒に継続してもらうか』を熱く?話していました。

 

なので教科変更を引き止める方は悪気があるわけではなく公文式に忠実な真面目な方というだけかもです。

仮に引き止められてもあまり気にしない方が良いかもしれませんよ。

保護者

教科変更は止めた方が良いっていわれたけど、公文の方針なだけなのね…
ハッキリと『教科変更したい』と話せば大丈夫だと思いますよ!

トモヤ

スポンサーリンク

<2>余裕を持って伝えるべき

2つ目の注意点ですが、教科変更を決めたら時間に余裕を持って伝えましょう。

というのも、教科変更のときは公文側にもやるべきことがたくさんあるからです。

教科変更のときに公文がやること
  1. 今勉強している教科をキリの良いところまで終わらせる
  2. 生徒の学力レベルや保護者の要望から勉強する教材を決定

上記は一部です。

とはいえ、特に重要なのは『生徒が今やっている教科をキリの良いところまで終わらせること』です。

 

例えば算数から英語に教科変更するお子さんがいるとしましょう。

ここで想像して欲しいのですが、もしそのお子さんが以下のようなキリの悪いところで終わってしまったらどうでしょう。

公文の生徒

あとちょっとでわり算の分数が終わるところだったのに…
最後までやりたかったよー!

公文の生徒

新しい内容に入ったばかりだったり、教材プリントがそもそも中途半端(D13で終了など)などなど。

おそらくですが中途半端なところで終わるとモヤモヤするお子さんもいるはず。

 

そういったことがないように公文側は教材プリントをうまく調整するわけです。

 

なので教材変更するときは可能な限り早く伝えた方が生徒にとってメリットが大きいです。

間違ってもギリギリに伝えるのはおすすめできません。

スポンサーリンク

公文で教科変更そのものをするタイミングについて

悩む保護者

公文で教科変更するタイミングはいつが良いのかしら?
基本的に教科変更するタイミングはいつでもOKですよ!

トモヤ

スポンサーリンク

いつでもOK【タイミングはご自由に】

さきほど教科変更を決めたらなるべく早く伝えた方が良いと話しました。

では、その教科変更そのものはいつにするのが良いのでしょう。

 

結論からいうと教科変更はいつにしてもかまいません。

逆にダメなタイミングというのはないと思います。

時空間

経験的には3月や新学期のタイミングで教科変更をされる方が多かったです。

おそらくキリが良いからでしょう。

 

しかし、個人的にはキリが良いタイミングで教科変更をするメリットがあまり感じられません。

なのでタイミングはご自由にというのが僕の答えです。

スポンサーリンク

公文で教科変更まとめ

公文で教科変更をする注意点
  1. 引き止められる可能性大
  2. 余裕を持って伝えるべき

いかがだったでしょう。

以上お話しした通り教科変更にデメリットはありません。

検討されている方は上記の注意点だけ心して頂ければと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

1、2、3【公文の教科のおすすめ】公文の元講師の僕の話【国語は必要ない】 喜ぶ学生たち【公文で教科を減らすのが大アリな理由】引き止められないコツも紹介 叫ぶ子供【公文で伸びない子の特徴3つ】公文で働いた僕の話【通うだけ無駄】 見つめる少女【公文式の弊害】公文で働いた僕がお話しします【将来に悪影響アリ】

当サイトで話した公文のすべて

公文のロゴ【公文式のすべて】公文の元講師の僕が話した内容【まとめ】