Amazonの本を聴くサービス

【工業高校から公務員になるには】卒業生で公務員合格経験者が解説

バーゼル市役所

パン蔵

工業高校を卒業したら公務員になりたいなぁ…
公務員は大卒の方がいいんじゃないの?

ナマケモノ君

HARU

そうでもないよ!

大卒の公務員試験は倍率が高いことで有名ですが、高卒で公務員になる場合は受験者が少ないため倍率がグッと下がります。

しかし、だからといって誰でも合格できるわけではありません。

下の2つは公務員になる前に必ず知っておく必要があります。

【公務員になる前に知っておきたいこと】

①受験する公務員試験の種類

②試験勉強のやり方

また、高卒で公務員になることを後悔しないためにも大卒公務員との違いを知っておくことをオススメします。

では、見ていきましょう!

工業高校から公務員に合格しやすいのは技術公務員

工業高校から公務員になる上で最も合格しやすいのが「技術公務員」です。

技術公務員って何だっけ?

ナマケモノ君

【技術公務員】

技術を活かして街づくりをする公務員のこと。

技術公務員についてくわしく見てみる

情熱技術公務員とは?仕事内容や年収についてを合格者が徹底解説

工業高校なら機械科や電気科など様々な学科があるかと思いますが、技術公務員はそれに対応して機械系や電気系など様々な職種があります。

HARU

機械系なら施設の設計や改修などをする仕事だよ!

公務員というと役所で働くことをイメージされる方も多いかと思いますが、技術系の公務員は役所にずっといるわけではありません。

パン蔵

施設の工事をしているときはその施設で働くんだね♪
何で技術公務員は合格しやすいの?

ナマケモノ君

技術公務員が合格しやすい理由は単純に受験者が少ないからです。

例えば、技術公務員の機械職であれば機械系の学科を卒業していることが受験の条件になることもあります。

つまり、高卒であれば誰でも受けられるわけではないんですね。

それに対して公務員の事務職は誰でも受けることが可能なため、倍率がとても高いです。

パン蔵

専門の学科で勉強している工業高校生は有利なんだね♪

もちろん技術公務員ではなくて事務員として働きたいのであればそちらを受けてもいいですが、合格しやすい試験区分が技術公務員なのは間違いないです。

スポンサーリンク

工業高校から公務員になるための2ステップ

公務員になりたい方がするべきことは大きく分けて2つです。

スポンサーリンク

①試験情報は自治体のHPで確認する

よし!公務員試験を受けるぞ!!

ナマケモノ君

公務員試験に興味がある方はまず自分が受ける自治体のHP(ホームページ)を確認しましょう。

HPには試験日程や試験科目などの情報が確認できるはずです。

しかし、ここで注意するべきことが一つ。

あなたが受ける自治体には公務員試験そのものがない場合もある、ということです。

パン蔵

○○市って今年は公務員募集してないんだ…

受験する自治体の規模が小さい場合などは公務員を募集していないことも珍しくありません。

特に先ほどお話しした技術公務員は事務に比べて毎年少人数の募集なので注意が必要です。

スポンサーリンク

②試験対策を始める

公務員になるための試験は筆記試験と面接試験があります。

多くの自治体が最初に筆記試験を行い、その後筆記試験の合格者に対して面接試験を行うはずです。

ただし、自治体によっては面接試験のみの場合もあるのでHPなどでしっかり確認することが必要です。

筆記試験はどんな問題が出るのかもHPに載ってる♪

ナマケモノ君

ちなみにですが、公務員試験では学校の成績は関係ないのでできるだけ早くから対策することをオススメします。

以下は僕が実際に試験対策で使った対策本です。

公務員試験の対策本を見てみる

読書【公務員の本のおすすめ】試験に合格した僕が勉強で使った書籍をご紹介

大卒用ですが技術系はどこの自治体でも似たような試験を実施しているので何かしらの参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

工業高校から公務員になるより一度大学に行った方が良い?【重要】

HARU

大卒で公務員になるのと、高卒で公務員になる違いについてです!

高卒で公務員になることを後悔しないためにも、大卒で公務員になるメリットについて知って頂ければと思います。

パン蔵

大卒で公務員になれば良かった…
スポンサーリンク

①給与が高くなる

大卒で公務員になると、同じ年齢であっても高卒よりも給与が高くなります。

民間企業においても似た話はあるかと思いますが、公務員は多くの場合が年功序列のはずです。

仕事の出来る出来ないに限らず最終学歴や年齢によってあらかじめ給与が決められているんですね。

しかし、給与が上がるからといって大学に行くことはオススメできません。

冒頭でもお話しした通り、大卒の公務員試験は倍率が高くなるからです。

スポンサーリンク

②受験できる試験区分が広がる

試験区分によっては、「大卒以上」でしか受験できない場合があります。

ちなみにですが僕が受験した特別区の受験は大卒以上でしか受けられない試験区分でした。

もし働きたい公務員の職種が大卒でしか採用していない場合は、大学に行く選択肢を考えても良いかもしれませんね。

大学で授業工業高校から大学進学した僕が伝えたいこと
スポンサーリンク

③学歴で評価する自治体もある

残念な話ですが、学歴が出世に影響することもあるようです。

高卒で公務員になった僕の知人にも似た話を聞きました。

しかし、これに関しては入ってみなければわかりません。

パン蔵

うーん…見分ける方法ないかなぁ…

毎年多くの高卒受験者を採用している自治体であれば、高卒だからといって理不尽な扱いをされることも少なくなりそうですよね。

高卒受験者を毎年どの程度採用しているかは自治体のHPで確認できるはずです。

気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

工業高校から公務員のまとめ

いかがだったでしょう。

工業高校から公務員になることについて、少しでも参考にして頂ければ嬉しく思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

公務員のオススメ記事

合わせて読みたい

読書【公務員の本のおすすめ】試験に合格した僕が勉強で使った書籍をご紹介 ガイド【工業高校のすべて】当サイトで卒業生の僕が話した内容の全まとめ 東京23区【特別区の採用試験対策】特別区を合格した僕がココだけで語る攻略法 名古屋市【名古屋市】公務員試験|難易度と傾向から僕が合格した勉強法について