「『幸福の王子』が伝えたいことは何だったのか?」あらすじと考察【4つある】

名作童話:『幸福の王子』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。一つの参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 幸福の王子のあらすじ
  2. 「伝えたいことは何だったのか?」の考察
  3. 参考文献

『幸福の王子』のあらすじ

まずは考察の前提となるあらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:人々の幸せを願い続けた王子

王冠

あるまちに、『幸福こうふく王子おうじ』とばれる銅像どうぞうがありました。

まち広場ひろばにそびえるはしらうえにあったそのぞうは、全身ぜんしん金箔きんぱくでおおわれ、りょうにはあおいサファイア、つるぎにはなルビーがかがやいていました。

 

あるふゆさむよるのことです。

一羽いちわのツバメがそんな幸福こうふく王子おうじ銅像どうぞう足元あしもとはねやすめていると、うえからおおきなしずくが、『ポタン…ポタン…』とちてきました。

ツバメがおどろいて見上みあげると、それは王子おうじからこぼれちていたなみだなのでした。

 

ツバメは、「なぜいているのですか?」と王子おうじたずねます。

すると王子おうじつぎのようにうのでした。

「ここからはまちかなしみがよくえる…だから、つらくていてしまうんだ…たとえば、ずっとこうには、びょうおとこえるけど、母親ははおやまずしくてかわみずしかませてあげられていない…」

 

そこで王子おうじは、ツバメにつぎのようなおねがいをたのむのでした。

「どうかツバメさん、あの子供こどもびょうでおかあさんがとてもこまっているいえに、わたしつるぎからルビーをはずし、とどけてあげてくれないだろうか?」

 

ツバメはさむさによわいので、できるだけいそいでみなみくにへとかなければなりません。

ですが、あまりにも王子おうじかなしそうだったので、ツバメはそのいえにルビーをとどけてあげることにしました。

ツバメ

つぎ、ツバメはまた王子おうじたのまれて、さむさと空腹くうふくくるしんでいたまずしい若者わかものに、王子おうじ片方かたほうにあったサファイアをとどけにいきました。

さらにそのつぎも、マッチりのしょうじょに、もう片方かたほうにあったサファイアをとどけにいきました。

そのため、王子おうじはすっかりえなくなってしまいます。

しかし、ツバメはそんな王子おうじわりにまちまわり、どく人々ひとびと様子ようす王子おうじつたえていくようになりました。

 

ぼくは、ずっと王子おうじさまのおそばにいます」

いつしかツバメはさむさにえ、王子おうじのそばをはなれないことを決心けっしんしていました。

 

その王子おうじは、ツバメからいたはなしもとに、ツバメにこんなたのごとをおねがいしました。

「ツバメさん、どうかわたしからだられた金箔きんぱく一枚一枚いちまいいちまいはがして、まずしいひとたちにわたしておくれ」

金箔

そんなことをしているうち、やがて王子おうじからだからは宝石ほうせき金箔きんぱくもなくなっていきました。

金色きんいろかがやいていた王子おうじからだは、すっかり灰色はいいろわってしまいます。

 

そしてツバメもついにさむさにえきれなくなり、んでしまいました。

 

そのしゅんかんです。

ツバメが息絶いきたえたそのとき、なまりでできていた王子おうじ心臓しんぞうが、かなしみのあまり、『ピシッ』とおとててぷたつにれてしまいました。

その王子おうじ銅像どうぞうよう鉱炉こうろかされることになります。

ところが、なまりでできた心臓しんぞうだけはけずにのこったので、んだツバメと一緒いっしょにゴミとしててられました。

 

この様子ようすていた神様かみさまは、天使てんしたちに、「あのまちなかもっととうといものを2つってまいれ」とめいじました。

神様かみさまめいじられた天使てんしたちは、王子おうじなまり心臓しんぞうと、ツバメの死体したい神様かみさまとどけます。

すると神様かみさま天使てんしたちをめ、つぎのようにかたったのでした。

 

「さあ、王子おうじとツバメを天国てんごくれてこう。きっと天国てんごくでツバメはいつまでもたのしくさえずり、王子おうじしあわせにらすことだろう」

天国

(おわり)

ーーーーー

用語ようご説明せつめい

金箔きんぱくきんかみのようにうすばしたもの

※サファイア:あおくて透明とうめいな、うつくしい宝石ほうせき

※ルビー:あかかがやく、うつくしい宝石ほうせき

ーーーーー

スポンサーリンク

作者:オスカー・ワイルド

オスカー・ワイルド

作者:オスカー・ワイルド(1854~1900年)

アイルランド生まれ。作家、詩人として活躍。

オックスフォード大学を主席で卒業。

美や芸術を最高の価値とみなし、当時の社会では不道徳とされた生活を送りながら、作家活動を送っていました。

本作:『幸福の王子』は1888年に発表されています。

その他の代表作には『ナイチンゲールとバラの花』や『サロメ』、『ドリアン・グレイの肖像』など多数。

スポンサーリンク

「『幸福の王子』が伝えたいことは何だったのか?」の考察や解釈

それではここまでのあらすじなどを元にして、「『幸福の王子』が伝えたいことは何だったのか?」を考察していきます。大きく考えられることは4つです。

とはいえ、作者の意図が現代に残されているわけではないため、どれが正解かはわかりませんし、どれも正解ではないのかもしれません。

あくまで物語への理解を深める一つの参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

<1>『献身』の貴さ

まず考えられるのは『献身』の貴さです。

童話:『幸福の王子』では、一貫して他者のために『献身』する王子とツバメの姿が描かれていました。

王子は町の人の幸せのため、ツバメは王子のために身を粉にして献身を続けます。

ついには王子の献身が町の人たちに十分に伝わることはなかったわけですが…それでもそんな王子とツバメの様子を見ていた神様は、『町の中で最も貴い2つのもの』を王子(正確には鉛の心臓)とツバメだったと見なして両者を天国へ送ってあげている描写があります。

以上のことから、作者がこの作品を通じて伝えたかったことの一つには、『献身』の貴さがあったと考察できます。

スポンサーリンク

<2>『報われないこともある』という真理

またこのことは視点を変えて見てみると、『周りのために何かをすることは、必ずしも報われるわけではない』という見方もすることができます。

世の中の真理であり、教訓のような話でもありますが、もしかしたらこのことも、作者がこの作品で伝えたかったことだったのかもしれません。

スポンサーリンク

<3>「本当の幸福とは何か?」を読者に考えさせたかった?

さらにもっと俯瞰して考察するなら、「本当の幸福とは何か?」を読者各々に考えさせる意図があった可能性もあります。

スポンサーリンク

<4>作者の自身への皮肉?

そして最後は自分の主観が強いことになりますが…この作品は、作者自身への皮肉だと見ることもできなくはないと考えます。

まず作者のワイルドは生前、美や芸術に最上の価値を置き、周りから浮いてしまうような格好や言動、生活をしていたとされています。

このことは、童話:『幸福の王子』で描かれていた貧しい町の人々や世界観とは大きく異なります。

そのため、作者はあえて自身と相反するかのような価値観を童話を通じて描くことで、自身への皮肉や戒めのような考えを込めていた面もあったのかもしれません…という考察です。

スポンサーリンク

「『幸福の王子』が伝えたいことは何だったのか?」あらすじと考察のまとめ

童話:『幸福の王子』が伝えたかったことは、どこまでも推測の域を出ません。

自分が知る限り、この作品に対する作者の意図が、何らかの形で残されているわけではないからです。

もしかしたら特に明確な意図はなかったのかもしれません。

とはいえ、あらすじ自体は随所に道徳的な示唆に富んでいます。

少なくとも「かわいそう…」という感想だけで終わらせるのはもったいないと思います。

子供はもちろん、大人であっても見て考える価値がある童話であることは間違いありません。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ