『あとかくしの雪』あらすじをご紹介【作者不明の名作日本民話】

雪のなかの村

名作童話:『あとかくしの雪』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 『あとかくしの雪』のあらすじ
  2. 参考文献

『あとかくしの雪』のあらすじ

あらすじと作者紹介です。

スポンサーリンク

物語:優しさの結末

村

ずっとむかしのこと。みすぼらしい姿すがたをしたおぼうさんがいました。

ぼうさんはたびちゅう、あるおじいさんに出会であいます。

おじいさんは谷川たにがわみずをくみ、かつぎげていたのでした。

そのむらでは谷川たにがわにおりないと、みずることができなかったからです。

おじいさんはあいさつをして、おぼうさんのひもがれたわらじをると、ぶんのものとりかえてあげたのでした。

 

ぼうさんはおれいい、っていた錫杖しゃくじょうちかくのいわを3かいきました。

するとおどろいたことに、きれいなみずてきたのです。

 

あたりがくらくなったころ、ようやくおぼうさんは目指めざしていたむらへときました。

そこでまずおぼうさんは、まわりのいえよりすこおおきいいえをたずねて、一晩ひとばんめてくれるようおねがいするのでした。

 

しかし、そのいえおくからは、「さっさとかえせ」というこえこえてきました。

 

ぼうさんはわれたとおりにそこをましたが、そのさい、そのいえぐちんであったかますを1かいだけきました。

するとおどろいたことに、なかはいっていたイモをいしイモにえたのです。

それこう、そのいえはたけれるイモは、すべてがいしイモになってしまいました。

 

それからおぼうさんは、ちいさないえたたき、まためてくれるようおねがいしました。

そのいえらしていたのはおばあさんでした。

おばあさんは、「なにもありませんが…」とはいながらも、おぼうさんのことをむかれてあげました。

ぼうさんは、「わたしなにもいらない」とい、ったからだ囲炉裏いろりであたためるのでした。

囲炉裏

しかし、おばあさんはそんなおぼうさんのことをどくおもいました。

とはいえ、そのいえ一人ひとりらしをしていたおばあさんには、おぼうさんのためにいますぐしてあげられることがつかりませんでした。

 

そこでおばあさんは、もうわけなくおもいながらも、となりのいえ庭先にわさきから、大根だいこんを1ぽんだけってきたのです。

足跡あしあとのこったので、あさになればおばあさんがぬすんだことはばれてしまうでしょう。

それでもおばあさんはその大根だいこんき、おぼうさんのためにごちそうをしてあげたのでした。

いつのまにか、そとでは大雪おおゆきっていました。

 

つぎあさ、おばあさんがますと、すでにおぼうさんはいえにはいませんでした。

そしてまえよるからったゆきは、おばあさんがとなりのにわったときについた足跡あしあとを、すべてしてしまっていたのでした。

ぼうさんがこのむらにやってきたのは、11がつ23にちとうばんのことです。

それらい村人むらびとたちは、とうには大根だいこんきをべるようになったといいます。

(おわり)

ーーーーー

よう説明せつめい

錫杖しゃくじょう僧侶そうりょあるつえのことで、あたま金属きんぞくがついている

※かます:『むしろ』(わらなどでんだ敷物しきもの)でつくったふくろのこと

いしイモ:かたくてべられないイモ

囲炉裏いろりゆかいち四角形しかっけいいてけるようにしたしょ

囲炉裏

ーーーーー

スポンサーリンク

作者:不明

作者:不明

なお、作品が発表された年も不明です。

スポンサーリンク

『あとかくしの雪』あらすじまとめ

日本民話:『あとかくしの雪』は、ある意味で『因果応報』が描かれていたように思います。

とはいえ、そのあらすじは、「お坊さんのためとはいえ、大根を盗むのは人としてどうなのか?」、「「さっさと追い返せ」と言っただけで、罰を下したかのような描写はどうなのか?」、「お坊さんが帰った後、雪が足跡を消したのは偶然か?」など、読者が思いを巡らせるための余白が残された名作だったようにも思います。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ