『ほら吹き男爵の冒険』あらすじをご紹介【映画化もされた名作童話】

城と貴族と

名作童話:『ほら吹き男爵の冒険』のご紹介です。

あらすじは読み聞かせができるようにまとめています。参考にして下さいませ。

このページでわかること
  1. 『ほら吹き男爵の冒険』のあらすじ
  2. 参考文献

『ほら吹き男爵の冒険』のあらすじ

あらすじと童話に登場する主人公のモデル、映画のご紹介です。

スポンサーリンク

物語:その話って本当?

玉座に座る王様

なにきみもわしのはなしきたいのか?」

「うーむ…まあ、はなさないこともないが…くれぐれもわしを『ほらだんしゃく』などとぶのはめてくれたまえよ?」

 

あれはむかしうまってたびをしたときのことじゃ。

あさからっていたゆきが、夕方ゆうがたになってきゅうはげしくなった。

まえにはすすめず、こうなると、もう宿じゅくしかない。

わしは、まずだいうまをどこかにつなごうとおもった。

るとすこさきに、くいが一本いっぽんゆきうえている。

わしはそのくいにうまをつなぎ、よこになった。

相当疲そうとうつかれておったのじゃろう。

わしがましたのは、つぎひるだった。

朝

そられ、太陽たいようがかんかんとっている。

あたたかいというよりは、むしろあついほどだ。

「むむ!」

わしはそこでがついた。

 

うまがいない!あのくいもない!」

 

「くそ、うまめ。くいをひきずってげたか…!」

そのときのことじゃ。

 

「ヒヒーン」

 

突然とつぜんそらからうまのいななくこえこえた。

「おお!」

わしはおもわずおおきなこえをあげた。

まえにはきょうかいがあって、とうがそびえている。

 

そのとう一番上いちばんうえにはじゅう字架じかっていて、そこにはうまがぶらがっているではないか。

 

かしこいわしは、すぐにわかった。

昨日きのう大雪おおゆききょうかいゆきもれていた。

だから、じゅう字架じかさきだけがゆきうえていたのだ。

それをわしは、くいと勘違かんちがいしたというわけじゃ。

あつさでゆきがとけたら、このとおりだ。

「ヒヒーン」

うまは、まだくるしそうにいなないている。

わしはいそいでピストルをかまえた。

 

「ん?くるしんでいるうま一刻いっこくはやらくにするためにうまつ?」

「はは、そんなことはせんよ。そこなってもらってはこまる」

「わしはうまをぶらげているロープをねらったんだ」

 

「バーン!」

 

わしがったのだからして、当然とうぜんたまはロープにめいちゅうした。

うま無事ぶじすくわれて、わしのところにけてた。

 

「めでたし、めでたし」

「ん?なんだきみ、そのかおは」

「わしがほらをおとこえるかね」

(おわり)

ーーーーー

よう説明せつめい

※ほらき:でたらめをったりするひとのこと

だんしゃく:ヨーロッパのぞくかいきゅうひとつのこと

ーーーーー

スポンサーリンク

モデル:ミュンヒハウゼン

モデル:ミュンヒハウゼン(1720~1797年)

この童話の主人公である、『ほら吹き男爵』のモデルとなったドイツの貴族。

童話のあらすじは、話好きだったミュンヒハウゼンが客に語った奇想天外な物語が、本として出版されたものとなっています。

なお、童話の大元の作者は不明です。

1943年には映画が公開

その後、1943年には映画:『ほら男爵の冒険』がドイツで公開されています。

日本語吹替版もあるようです。

とはいえ、自分が確認したところ、上記のリンクからでは在庫はないようでしたが…。

スポンサーリンク

『ほら吹き男爵の冒険』あらすじまとめ

童話:『ほら吹き男爵の冒険』は、話好きとされたドイツの貴族:ミュンヒハウゼンの逸話が元となっています。

ちなみにこの童話は今では名作に数えられるほど有名ですが、元々はミュンヒハウゼンの許可なく何者かが勝手に出版したという背景があるようです。

奇想天外なのは、あらすじだけではないのですね。

スポンサーリンク

参考文献

スポンサーリンク

関連ページ