Amazonの本を聴くサービス

【生産技術の資格のおすすめ】生技経験者が仕事に役立つ資格一覧を解説

設備

パンぞう

生産技術のおすすめ資格を教えて!
生産技術エンジニアとして働いていた僕が話すね!

HARU

結論からお話しすると、生産技術のおすすめ資格は以下の通りです。

おすすめ資格
  1. CAD利用技術者試験
  2. TOEIC
  3. 管工事施工管理技士

ここでは、上記の資格が仕事にどう役立つのかをくわしくお話ししますね。

読み進めてわかること
  1. 生産技術のおすすめ資格について
  2. 仕事にどう役立つのかを解説

生産技術の資格のおすすめ【仕事に役立つのは3種類だけ】

冒頭でもお話しした通り、おすすめ資格は以下の3種類。

おすすめ資格
  1. CAD利用技術者試験
  2. TOEIC
  3. 管工事施工管理技士

どんな資格なのかを順にくわしく説明していきます。

<1>CAD利用技術者試験

おすすめポイント
  1. CADの使い方が学べる
  2. 仕事に役立つ

『CAD利用技術者試験』はその名の通りCADの使い方を学べる資格。

【CADとは…】

パソコンを使って製図をするソフトのこと。

2次元CADと3次元CADがある。

CADは生産技術の図面作成の仕事で必ず使います。

僕も製図するときに必ずCADを使っていました。

そのため、仕事で役に立つ資格です。

パソコンをする男性

試験は『2次元CAD』『3次元CAD』の2種類。

 

どちらを受験しても良いですが、最近では『3次元CAD』を使うのが一般的。

例えば、トヨタ自動車の生産技術者はCATIAという『3次元CAD』を使っています。

 

今後は『3次元CAD』を使う流れがさらに加速するはず。

個人的には『3次元CAD』の受験をおすすめしますね。

>>『CAD利用技術者試験』の公式サイトを見てみる

<2>TOEIC

おすすめポイント
  1. 英会話力が上がる
  2. 海外での仕事で役立つ

『TOEIC(トーイック)』は英語でのコミュニケーション力を問う資格。

【TOEIC(トーイック)とは…】

英語のコミュニケーションを測る試験のこと。

試験結果をスコアにして英語力を測る。

スコアは10点~990点となっている。

生産技術は海外での工場立ち上げの仕事も多いです。

現地の外国人とコミュニケーションを取る必要があるので、英語力があると重宝されます。

英会話

僕はベトナムに行く話がありました(破談になりましたが…)。

 

『TOEIC(トーイック)』の試験は聞き取りと読解の2構成です。

英語で話せることを目的にした資格なので、高得点が取れる=英語で会話ができるといっていいでしょう。

 

とはいえ、生産技術の仕事は英会話ではないです。

決してペラペラになる必要はないのでご安心を。

 

あくまで取っておいて損はないという程度の資格です。

<3>管工事施工管理技士

おすすめポイント
  1. 設備の知識が上がる
  2. 国家資格

『管工事施工管理技士』は設備に関する知識が得られる資格です。

あまり聞かない資格かもですが、国家資格になります。

【管工事施工管理技士とは…】

設備の幅広い知識を問う資格。

2級と1級があり、どちらも学科試験と実地試験が実施される。

生産技術も設備を扱う仕事です。

『管工事施工管理技士』は生産技術にマッチした資格です。

 

しかし、受験するには学歴や実務経験などの条件が多数あります。

興味がある方は自分が受けられるかどうかを一度ご確認下さい。

>>『管工事施工管理技士』の公式サイトを見てみる(2級の例)

スポンサーリンク

生産技術の資格でおすすめ一覧まとめ

おすすめ資格
  1. CAD利用技術者試験
  2. TOEIC
  3. 管工事施工管理技士

いかがだったでしょう。

資格取得の勉強はスキルを上げるには効果的。

自分が所属している職場からは得られない気付きが得られることもあります。

 

興味がある資格があったら、時間を見つけてチャレンジしてみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

生産技術のオススメ記事

本で勉強【生産技術の勉強本のおすすめ】元エンジニアが仕事に役立つ良書を厳選