無料体験で本1冊もらってみる

Probo(プロボ)の評判と評価|三菱UFJモルガン・スタンレーのロボアド

金融のプロ

パンぞう

『Probo(プロボ)』ってどんなロボアドなのかな…?
元エンジニアでロボアドに詳しい僕が解説するね!

HARU

三菱UFJモルガン・スタンレーが提供するアドバイス型ロボアド『Probo(プロボ)』。

今回はそんなロボアドサービスの評判や評価に迫っていきますね。

ブログを読んでわかること
  1. 『Probo(プロボ)』のメリットデメリット

【メリット】Probo(プロボ)は始めるのが簡単

メリット
  1. 質問は今すぐに答えられるものばかり【金融の知識は不要】

『Probo(プロボ)』のメリットは投資に慣れない方でも始めるのが簡単なことです。

理由について詳しくお話ししていきますね。

スポンサーリンク

①質問はすぐに答えられるものばかり【金融の知識は不要】

ロボアド投資ではどれも投資家の運用プランを決めるためにいくつかの質問に答える必要がありますが、『Probo(プロボ)』ではより答えやすい質問に限定されています。

例えば以下のような質問です。

実際に聞かれる質問例
  1. 普段行っているスポーツはありますか?
  2. これまでの旅行先は?
  3. 好きな戦国武将はいますか?
  4. 災害時の備えがありますか?

実際には計24問もの質問がありますが、そのほとんどは今すぐにでも答えられる質問となっています。

ナマケモノ君

こんな簡単な質問で運用プランがわかるの?

実は『Probo(プロボ)』では簡単な質問でも投資家にピッタリの運用プランを提案できるようになっています。

その理由は実際の投資家の趣味や傾向などからデータをとっているからです。

三菱総合研究所との共同開発の成果なんだ!

HARU

こういった取り組みは投資に慣れない初心者の方でも気軽に資産運用を始めるきっかけになります。

個人的にはかなり好感が持てますね。

スポンサーリンク

【デメリット】Probo(プロボ)は始めるのに特定の口座が必要

デメリット
  1. 特定の口座開設&契約が必要

『Probo(プロボ)』のメリットは始めるのが簡単ということをお話ししましたが、特定の口座開設が必要という点は要注意です。

その点について詳しくお話しします。

スポンサーリンク

①始めるには『三菱UFJモルガン・スタンレーの取引口座』+『オンライントレードの契約』が必要

『Probo(プロボ)』を始めるには以下の条件が必要になります。

始めるために必要なこと
  1. 三菱UFJモルガン・スタンレーの取引口座の開設
  2. オンライントレードの契約

ロボアドを始めるには運営会社の口座が必要になるのは珍しい話ではありませんが、人によっては面倒になりますね。

スポンサーリンク

Probo(プロボ)の評判と評価|三菱UFJモルガン・スタンレーのロボアドまとめ

メリット
  1. 質問は今すぐに答えられるものばかり【金融の知識は不要】
デメリット
  1. 特定の口座開設&契約が必要

いかがだったでしょう。

余談ですが『Probo(プロボ)』という名前はprofessional(プロフェッショナル)+robot(ロボット)の造語とのことです。

 

興味がある方はそんな質の高さを売りにするロボアドサービスを是非利用してみて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

ロボアド投資のオススメ記事

稼働するロボットロボアドバイザー投資のおすすめ|評判が良いサービスを厳選