Amazonの本を聴くサービス

シャッフル睡眠法の効果がスゴイ…!不眠症が一発で解決してしまった話

眠る女性

パンぞう

『シャッフル睡眠法』について教えて!
不眠だった僕がすぐに寝られるようになった睡眠法だよ!

HARU

『シャッフル睡眠法』とは、カナダのリュック・ボードワン博士が考案した睡眠法。

『認知シャッフル睡眠法』や『連想型睡眠法』ともいいます。

具体的なやり方は以下の通り。

シャッフル睡眠法のやり方
  1. 好きな単語を一つ決める
  2. 単語の最初の文字から別の単語を連想
  3. 前と関連しない単語を次々に連想
  4. 思いつかなくなったら次の文字へ

上記を繰り返していくうちに、気が付いたら寝ています…。

 

見ての通りですが、道具やお金は一切不要。

もしかしたら『本当に効果あるの…?』と思われるかもしれません。

しかし、効果は抜群です。

 

実際に不眠症で『ルネスタ』や『レメロン』といった睡眠薬に頼っていた僕はすぐに寝られるようになりました。

読み進めてわかること
  1. シャッフル睡眠法の具体的な始め方
  2. 知っておきたいこと
  3. アプリのご紹介

シャッフル睡眠法の効果を実感するための方法【手順は4つ】

シャッフル睡眠法の具体的なやり方についてです。

冒頭でもお話しした通り、主な流れは以下の通り。

シャッフル睡眠法のやり方
  1. 好きな単語を一つ決める
  2. 単語の最初の文字から別の単語を連想
  3. 前と関連しない単語を次々に連想
  4. 思いつかなくなったら次の文字へ

上記の手順は実は正確ではないのですが、僕はこの方法で眠れています。

順にご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

<1>好きな単語を一つ決める

まずは単語を一つ決めます。

単語であれば何でも良いです。好きな単語でも、パッと思いついた単語でもかまいません。

 

とはいえ、ここから先は眠るための準備になります。

刺激的な単語はできるだけ控えましょう。

 

ここでは、『CAT(ネコ)』としておきます。

ねこ

スポンサーリンク

<2>単語の最初の文字から別の単語を連想する

次に最初に選んだ単語の頭文字から別の単語を連想します。

 

先ほど、『CAT』という単語にしたので、頭文字は『C』です。

『C』から始まる単語を連想します。

 

テキトーでいいので、単語は何でもOKです。

パッと思いつく単語なら何でも良し。

ここでは、『China(中国)』としましょう。

 

ここで注意点。

連想するときは単語だけでなく、イメージも同時に行います。

中国

例えば、『China(中国)』であれば中国に関することを頭の中でイメージします。

中国国旗でも、中国の国の形でも良いです。

 

イメージすることが大事なので、具体的でなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

<3>前と関連しない単語を次々と連想

あとは次々と関連する単語を連想していきます。

 

先ほどは『C』から始まる『China(中国)』にしました。

次も『C』から始まる単語です。

 

『chocolate(チョコレート)』、『color(カラー)』、『camera(カメラ)』などなど…。

色々ありますね。

 

『シャッフル睡眠法』はイメージとともにどんどん連想していくのがポイントです。

すると次第に眠くなっていきます。

 

しかし、ここでも注意点が一つ。

前の単語と関連する単語を連想するのはNGです。

 

例えば、『China(中国)』と『Chinese(中国人)』は関連していますよね。

これはダメです。

なるべく関連性のない単語を連想していきましょう。

スポンサーリンク

<4>思いつかなくなったら次の文字へ

思いつかなくなったら次の文字へいきます。

 

ここでは、『CAT』の『C』から始まる単語を連想してきました。

パンぞう

『C』から始まる単語が思いつかなくなってきた…
じゃあ次は『A』から始まる単語だ!

HARU

『シャッフル睡眠法』はこの繰り返しです。

やっていくうちに気が付いたら朝になっているはず。

是非お試しあれ。

スポンサーリンク

シャッフル睡眠法の効果をより実感するために3つの知っておきたいこと

『シャッフル睡眠法』への理解を深めるための内容です。

理解を深めることは、より効果を実感するうえで大切になります。

経験談を交えながらお話ししていきます。

スポンサーリンク

①『反すう思考』を断ち切るから効果がある

ナマケモノ君

そもそも『シャッフル睡眠法』ってなんで眠くなるの…?
反すう思考を断ち切れるからなんだ!

HARU

【反すう思考とは…】

過去の失敗や嫌だったことを何度も何度も思い出すこと。

うつ病の原因の一つともいわれている。

反すう思考でよくあるパターンが以下の通り。

  • 事件
    仕事でミスをした
    『やってしまった…!』
  • 連想
    上司に厳しく注意された
    『自分はなんてダメな人間なんだ…』
  • さらに連想
    自信をなくす
    『自分は周囲から必要とされてないのかな…』

真面目な方ほどネガティブなイメージを何度も頭の中で繰り返してしまいます。

 

悪い考えをぐるぐると何度も繰り返してしまうのが反すう思考です。

一方で意味がないことを連想するのが『シャッフル睡眠法』。

 

お互いに真逆の思考になります。

そのため、『シャッフル睡眠法』には反すう思考を打ち消す効果があるんです。

 

つまらない授業や退屈な時間ほど眠くなるのは、脳が意味がないと理解しているから眠くなるわけです。

それを利用したのが『シャッフル睡眠法』になります。

スポンサーリンク

②【実体験】日本語でも効果アリ

『シャッフル睡眠法』は日本語でやっても効果があります。

実際に僕は日本語で実践することが多いですが、何の問題もなく眠れているからです。

 

ここで英語を例にやり方をご紹介した理由は、『シャッフル睡眠法』自体が英語圏で生まれた考え方だからというだけです。

日本語でも英語でも、どちらでやってもOKです。

スポンサーリンク

③退屈になるのが普通

パンぞう

『シャッフル睡眠法』ってつまらないなぁ…

『シャッフル睡眠法』は面白いものではないです。

先ほどお話ししましたが、『シャッフル睡眠法』が眠くなる理由は脳に退屈であることを知らせるからです。

退屈だからこそ意味があるんだ!

HARU

スポンサーリンク

シャッフル睡眠法の効果が実感できるアプリ【mySleepButton】

睡眠ボタン

睡眠ボタン
開発元:CogSci Apps Corp.
無料
posted withアプリーチ

こちらは『シャッフル睡眠法』を手助けしてくれるアプリ。

音声によって次々と単語を再生してくれます。

 

利用者は発せられた単語を頭で思い浮かべるだけでOKです。

 

英語版しかないので単語は英語のみになりますが…。

ボタンをクリックするだけなので簡単に使えますよ。

 

iPhoneは無料で使えますが、Android版は有料となります。

その点だけご注意を。

スポンサーリンク

シャッフル睡眠法の効果まとめ

シャッフル睡眠法のやり方
  1. 好きな単語を一つ決める
  2. 単語の最初の文字から別の単語を連想
  3. 前と関連しない単語を次々に連想
  4. 思いつかなくなったら次の文字へ

いかがだったでしょう。

『シャッフル睡眠法』は僕が毎日使っている睡眠法ですが、初めて実戦したときからその効果には驚いています。

 

今では寝たい時間にすぐ眠れるようになりました。

不眠で悩んでいた日々が嘘のようです…。

 

睡眠にお悩みの方は是非実践してみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

合わせて読みたい

オススメ

本で眠る女性【睡眠のおすすめ本】不眠症だった僕が読んで役に立った書籍を徹底厳選