無料体験で本1冊もらってみる

【公文の算数を小学3年生から始めるのは遅くない】理由は2つだけ

四つ葉のクローバー

保護者

公文の算数を小学3年生から始めるのは遅いかしら…?
そんなことないです!公文の元講師の僕が理由を話します!!

トモヤ

公文の算数を小学3年生から始めるのは遅くはありません。

理由は以下の2つになります。

小3から公文を始めるのが遅くない理由
  1. かけ算でつまずく生徒が多い
  2. 小3以降から入会する生徒は多い

繰り返す通り僕は公文の元講師ですが、上記の理由はそんな僕の講師としての経験談になります。

続きを見るとわかること
  1. 【具体的な理由】小3から始めるのが遅くないワケ
  2. 【注意点】公文をダラダラ続けるのはおすすめしない理由【辞めどきの話】

公文の算数を小学3年生から始めるのが遅くない2つの理由

冒頭でお伝えした通り、公文の算数を小学3年生から始めるのが遅くない理由は以下の2つです。

小3から公文を始めるのが遅くない理由
  1. かけ算でつまずく生徒が多い
  2. 小3以降から入会する生徒は多い

それでは理由について順にご説明させて頂きます<(_ _)>

スポンサーリンク

かけ算でつまずく生徒が多い

まず算数に限った話だと、小学3年生はできる子とできない子の差がハッキリする時期です。

小2の後期あたりから始まる『かけ算』につまずく子が少なからずいることが理由です。

 

かけ算はたし算やひき算のように手で計算することが難しい計算です。

しかもかけ算は小3以降の算数でずっと出題されるので、できないことを放置しておくと他の子に勉強で遅れをとることに。

賢さに差がある

僕が働いていた教室でもかけ算に頭を悩ませる生徒は少なくなかったです。

 

ですが、公文の算数は計算を繰り返し繰り返し勉強するので、かけ算が苦手なままになることはありません。

オンリーワン【公文で算数だけ習うのは大アリ】公文の元講師の僕の経験談【断言】

なのでかけ算などの計算が得意になるためにも小3から公文に通うのはまったくダメではないです。

スポンサーリンク

小3以降から入会する生徒は多い

それに小学3年生以降に公文に入会する生徒は少なくありません。

僕が働いていた教室だと中学生や高校生から公文に入会する生徒さんもいました。

大学生や社会人の方もチラホラいましたね。

 

周りよりも遅い時期で公文に来る理由は様々です。

『塾が合わなかった』とか『基礎から勉強したい』などなど。

優秀

とはいえ、遅くから公文に入会しても効果が出る方はたくさんいます。

なので小3から公文に通うのは決して遅くはありません。

 

もちろん公文の特徴からすれば早ければ早い方が良いのは事実です。

親子の手【公文の算数はいつから始めるべきか】公文で働いた僕が話す【断言】

しかし、お子さんが小学生であるなら『遅い!』というのは言い過ぎだと思います。

小3以降に公文に来るのは全然おかしいことではありませんので。

スポンサーリンク

公文の算数を小学3年生からやるのはOK【でも、早いともいえない】

保護者

小学3年生でも公文に通わせるのは全然アリなのね!
そうですね!でも、だからといってダラダラ続けるのはおすすめしません!!

トモヤ

繰り返す通り公文の算数を小3から始めるのは全然価値があります。

ですが、小3というタイミングは特別早いとはいえないので、辞めるタイミングは見誤らないようにすることが大切です。

スポンサーリンク

公文はあまり長く続けるべきではない

ぶっちゃけ公文の算数を長く続けることはあまりおすすめしません。

そもそも公文の算数は基礎的な内容かつ計算中心なので、万人におすすめできる塾ではないためです。

 

以下でくわしい内容をお伝えしましたが、とりあえずは小学4~6年(教材レベルはD~F)を一つの区切りにするべきです。

算数の計算【公文の算数はいつまで続けたらよい?】公文で働いた僕の話【断言】 子供の世界観【公文の算数はどこまでやるべき?】公文の元講師の僕が話す【断言】

公文では応用問題や図形問題が解けないので、辞めるタイミングはお子さんの習熟度を見ながら判断することをおすすめします。

あんまりダラダラ続けてもお金と時間が無駄になってしまうので。

 

とはいえ、もちろんお子さんが中学生以降でも基礎的な内容もしくは計算を伸ばしたいなら通わせるのは全然OK。

あくまで公文にはできることとできないことがあるという話になります。

スポンサーリンク

公文の算数を3年生からまとめ

小3から公文を始めるのが遅くない理由
  1. かけ算でつまずく生徒が多い
  2. 小3以降から入会する生徒は多い

公文の算数を小学3年生から始めるのは全然悪い選択じゃないです。

むしろ普通の塾よりも公文の方が合っている子供もいるので、気になる方は一度通わせてみるのも良いと思いますよ。

書く少女【公文で伸びる子の特徴】公文で働いた僕が振り返る【4つだけ】

最後までご覧頂きありがとうございました。

合わせて見てみる

オススメ

集中して学ぶ子供【公文の算数の効果】公文の元講師の僕が正直に話します【真実】 ポップな数字たち【公文の算数の口コミ】評判を公文の元講師の僕がまとめた【リアル】 灰色の少年【公文の算数の弊害】公文の元講師の僕が解説します【3つアリ】

当サイトで話した公文のすべて

公文のロゴ【公文式のすべて】公文の元講師の僕が話した内容【まとめ】